「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい

kiki

067 勇者

 




 迫る赤子の群れに向き合ったキリルは、手をかざし魔法を放つ。

「レイン!」

 ズドドドドドドッ!
 光の雨が天より広範囲に降り注ぎ、密集する敵を一掃する。
 “勇者”の魔法に、光や闇、火、水といった特定のカテゴライズは存在しない。
 強いて言うのなら光に近いが、しかし、だからと言って光属性の使い手に再現できる魔法ではなかった。
 軽微な魔力消費に、扱いの簡単さ、そして圧倒的な範囲と威力――改めてマリアはキリルの特殊性を認識する。
 だが、それだけの魔法を放ったところで、細切れになった肉片はそれぞれが極小サイズの人型となり、再び彼女らに接近した。

「はああぁぁぁぁぁぁっ!」

 フラムは振り上げた魂喰いを、地面に叩きつける。
 爆ぜるプラーナ、吹き荒れる嵐。
 大型ならばそよ風程度にしか感じなかったかもしれない。
 だが分裂し、小さくなった今の彼らには、反・気剣嵐プラーナストーム・リヴァーサルは致命傷である。
 風に触れた途端にパンッ! と風船のように破裂していく赤子たち。

「シャイニング!」

 さらに隣に立つマリアが、頭上に作り出した光球を飛ばす。
 それは地面に着弾すると、爆発し、光のドームを作り出した。
 その熱量で、分裂の余地も無いほどに焼き尽くし、溶かしていく。
 確かに絶え間なく増殖する敵は厄介だ。
 だが肉片すら残さず消すことさえできれば、封じることができる。

 圧倒的な数の差は変わらないものの、赤子を打ち倒すことによって、確実に、少しずつマザーの力は削がれていった。
 あとはどうやってコアを破壊するかだが――オリジンの力を持つ者と戦い慣れているフラムは、二人に尋ねる。

「キリルちゃん、マリアさん、コアの場所はわかってる?」
「おそらく上――天井の向こう側にあるのではないかと」
「問題はどうやってあそこまで行くか」

 キリルは天を仰ぐ。
 遠くに見える肉の壁は、到底人の手が届く高さではない。
 それに仮に到達できたとしても、コアを破壊できなければ意味は無いのだ。

「私がフラムを抱きかかえてあそこまで飛べば、届くと思う」

 誰かを抱えながらとなると、高度はギリギリだろうが――できないことはない。
 剣を振るい、赤子を屠り、自らの身体に満ちる力を確認しながら、キリルは言った。
 だがフラムは首を横に振る。

「それは大丈夫、私一人でも行けるから――重力反転リヴァーサルっ!」

 そう言ったフラムは、敵が突き出した拳を、物理法則を無視したふわりとした動きで跳躍し回避。
 さらに背後を取り、後頭部に魂喰いを突き刺すと、反転の魔力を注ぎ込んで破裂させた。

「浮いた!? すごい……! すごいよフラムっ!」

 褒めながらも、剣を振るう手を止めないキリル。
 目の前に立つ敵は瞬く間に細切れにされていく。

「いや、キリルちゃんに比べれば大したことはないと思うけど」

 謙遜ではなく、心の底からそう思う。
 しかし嬉しくないわけではないので、フラムはほんのり頬を染めながら頭を掻いた。

「……やはり彼女は」

 一人呟くマリアの言葉は、誰にも届かない。
 さらに一方的な戦いは続き、三人の力はマザーが赤子を産み出す速度を完全に上回った。

「よしっ、このまま行けばっ!」

 見えてきた希望にフラムの声が躍る。
 もう少し敵を減らせば、邪魔されずにコアへの突撃を敢行できるはずだ。
 だが――やすやすとそれを許すほど、マザーも甘くはない。

『ふざけないで』

 彼の声が、王都に響いた。

『こんな、こんな小娘に私の夢が止められてたまるもんですか! やっと母親になれたのに、やっと幸せな子供になれたのに……認めない、私は認めないいいぃぃぃッ!』

 ヒステリックに叫ぶマザー。
 どこからともなく響く耳障りな音は、王都全体の空気を揺らし、フラムは足裏にピリピリとした感触を覚えた。

「ふっ……」

 思わず嘲笑したマリア。
 らしくないリアクションに、フラムとキリルは彼女の方を見る。

「……今のは忘れてください」

 マリアは気まずそうに顔をそらした。
 とはいえ、にやつく二人も彼女と気持ちは同じである。
 確かに図体はでかい、力も強い、沢山の命を危険に晒している。
 しかし――もう恐ろしいとは思わない。

「まだ八歳だから可愛げがあったのかもしれないけど、それにしたって、マザー――あんたより子供たちの方がよっぽど迫力があったよ」
『あんなのは失敗作よ、理想を体現した今の私にたどり着くための、踏み台に過ぎない! そんなものより私が劣ってるなんてことあるわけがないのぉッ!』

 喚くマザー。
 フラムは両手を肩の高さにまで上げ、“やれやれ”と首を振った。

「あんなこと言ってるけど、キリルちゃんはどう思う?」
「方法は間違っていたかも知れない。でも、ミュートは他者を想っていた。母親、仲間、そして出会ったばかりの私に生き方を示してくれた」
『だから何よ!』

 彼は理解しようとしない。
 オリジンと同調してしまうほど、どこまでも孤独なマザーには、理解できないのだ。

「ミュートが私を導いて、フラムが私に勇気を与える。人との繋がりは、時に残酷だけど、けれど私を強くしてくれる。孤独なままじゃ見えない世界が、そこにはあるんだッ!」

 今のキリルは、“勇者らしく”とは考えていない。
 しかし勇ましく天に向かって言い切るその姿は、いつになく頼もしかった。
 それをマザーも感じ取ったのだろう。
 だからこそ、気に食わなかった。
 彼にとって母は世界の全てだった。
 その全てから否定された時点で、彼は他者を拒むようになってしまったのだ。
 愛情も憎悪も全てが自己完結している。
 そんな彼にとって、他者の支えで強さを得るキリルたちの存在は、さぞ目障りに違いない。

『下らない……下らない……下らない、下らないっ、下らないいぃぃぃぃぃぃっ!』

 マザーの怒りに呼応するように、天井が波打つ。
 そして膜を裂いて現れる、巨大な腕。
 両腕が裂け目をさらにこじ開け、頭部が姿を見せる。
 薄汚れた青色をしたそいつには、顔が無かった。
 今までのような赤子ではない。
 まるでマザーの人生の空虚を具現化したかのような、人型の化物。
 突如現れたそいつは、ついに天井より落下した。
 そして衝撃で地面を揺らし、重低音を轟かせ、透明な粘液に塗れた両足で大地をしっかりと踏みしめる。
 それは――二十メートルを越える巨人であった。

『もういいわ、あなたたちはいらない、子供にならなくていい。このまま、殺してあげるぅっ!』

 巨人は振り上げた拳を地面に叩きつける。
 するとフラムたちの立つ大地が動き始め――回転を始める。
 三人は同時に跳躍し、渦巻く地面から飛び退いた。
 しかしルークのものと異なり、その範囲はかなり広い。
 一度飛んだぐらいでは逃げ切ることはできず、彼女たちはそれぞれ別の方向へと疾走した。

『あっはははははは! 威勢よく啖呵を切った割には逃げてばっかりじゃない!』

 マザーの笑い声が王都に響く。
 連動して、巨人も肩を揺らした。
 その足元には、赤子が群がっている。
 彼らは縋るように足にしがみつくと、体を溶かし、巨人と同化した。
 体を犠牲にして、力をわけ与えているのだろう。
 そして手を天高くかざし、能力を行使する。

『ここは私の子宮の中、あなたたちはへその緒で繋がれた子供。どれだけ走ろうとも、逃げられっこないわ!』

 “接続”によって、建物や大地が剥がれ、引き寄せられていく。
 瓦礫を集め、それを逃げ惑うフラムたちに投げつけようという魂胆のようだ。
 シンプルに高い破壊力を持つ一撃、まともに食らえばひとたまりもないだろう。
 しかし、それは“フラムたちが逃げる”という前提あっての作戦。
 現実は――マザーの思い通りにはならない。
 彼の力によって浮き上がった瓦礫、三人はその上を飛び移りながら、むしろ巨人に接近していく。

『そんな小賢しいことをしたところでぇッ!』

 螺旋の力を纏った拳を、最速で接近するキリルに向ける。
 その動きは巨体に似合わず素早い。
 だがフラムは、殴打が繰り出される前に、腕を引くその瞬間を見逃さない。

「はあぁぁっ!」

 すかさず魂喰いを振り下ろし、反・気剣斬プラーナシェーカー・リヴァーサルを放つ。
 鋭利な剣気は、巨人の腕の付け根に着弾。
 今までの赤子なら、十分に破壊できるだけの魔力を込めたはずだった。
 しかし剣気は表面に傷を刻み込むだけで、貫通すらしない。
 とはいえ目的は達した。
 直後、腕は前に突き出されるも、フラムの攻撃によって軌道がずれ、キリルには命中しない。
 彼女は無事に“勇者の剣”の射程内にまで接近する。

「ブレードッ!」

 右手に握る宝飾剣、その刀身を光が包み込む。
 光はさらに長く伸び、闇を切り裂く刃となって、巨人に向けて振り下ろされる。
 狙うは――気剣斬プラーナシェーカーによって生じた傷口。

「やあぁぁっ!」

 キリルに反転の力はない。
 つまり巨人の皮膚を流れ、その肉体を守るオリジンの力を無効化することはできない。
 それは単純に、17000を越えるデタラメなステータスにより繰り出される、力任せの斬撃だった。
 ザシュウッ!
 巨人の腕が、為す術無く切り落とされる。

『突破したですって!?』
「このぐらい、私の力さえあればっ!」

 驚愕するマザーに、さらなる自信を得るキリル。
 しかし切り落とされた腕の傷口は、すぐにねじれて止血される。
 その光景を見て、フラムは確信した。
 今までの赤子とは異なる外見に力――それは気のせいなどではなく、分け与えられた力に違いがあるからだ。
 具体的に言えば、おそらくこの巨人には“コア”が埋め込まれているということであった。

 おそらくそれは、王都を包み込む巨大な空間を維持するために必要な、いくつかのコアのうちの一つ。
 フラムたちの生き方を目の当たりにし激昂した彼は、文字通り身を削って切り札を繰り出したのだ。
 その右腕があっさりと切断されてしまったとなれば、そりゃ動揺もするだろう。
 しかし、キリルは巨人に休む暇など与えない。
 続けざまに薙ぎ払われる光の刃。

「もらったあぁぁぁぁ!」

 キリルの剣が、巨人の首を捉えた。
 この巨体では避けることはできまい。
 命中する――そう確信するキリルの目の前から、突如、敵が消失した。
 ゾクッ。
 直後、背後から殺気を感じたキリルは振り返る。
 するとそこには、“接続”によって転移した巨人の姿があった。

『この完全なる私が、そう簡単にやられるもんですか!』

 巨人の背中から無数の触手が伸びる。
 先端が勢いよく回転したそれは、キリルを取り囲むように殺到した。

『死ねやあぁぁぁぁぁぁッ!』

 もはや母親という設定すら忘れて、殺意をむき出しにするマザー。

「わたくしを忘れてもらっては困りますわ」

 その背後で、仮面の女が首元を血で濡らしながら微笑んだ。

「ジャッジメント」

 そして射出される無数の光の剣。
 ドドドッ!
 それらは一斉に巨人の背中に突き刺さり、根本から触手を断ち切った。

『いつのまに後ろをっ!?』

 正常な人間の――マリアの身体能力であれば、その背後を取ることはできなかっただろう。
 しかし今の彼女は、全てのステータスがオリジンコアによって上昇している。
 ブレイブを使ったキリルほどではないものの、フラム以上に驚異的な身体能力を保持しているのだ。
 巨人は振り向き、マリアを押しつぶそうと拳を振り上げる。
 しかし、それをキリルが許すはずがない。
 鋭い一閃――その斬撃でもう一方の腕を切断し、巨人は両腕を失った。

『おおぉぉぉ……おおぉぉおおおおおおおッ! こんなっ、こんなことがっ!』

 さらにマザーは苛立つ。
 その間にもフラムが接近し、飛び上がる。
 狙うは、おそらく心臓の付近にあるオリジンコア。
 突き立てた剣は反転の魔力により皮膚を突破、肉を貫き、あと少しで急所に届きそうだった。
 だがその直前に、マザーが吼える。

『私はァ、認めなあぁぁぁぁぁぁぁぁぁいッ!』

 ゴオォォオッ!
 巨人の体を取り巻くように、風が激しく渦を巻く。

「フラムッ!」

 危険を察したキリルが飛び込み、フラムを抱きかかえて離脱した。
 あれ以上近くに留まっていたら、今ごろ彼女の体は細切れになっていただろう。

「ごめん、ありがと」
「どういたしまして。それよりあれ――」
「厄介です、このままでは近づけませんね」

 いつの間にか近くにいたマリアが言った。
 旋風は、それそのものの破壊力もさることながら、瓦礫を巻き上げることでさらに破壊力を増している。
 しかも少しずつ範囲が広がっており――どこまで拡大するのかはわからないが、いつか逃げ場はなくなる、キリルたちはそんな予感がしていた。

『ああぁぁぁぁああっ! 嫌よっ、こんなの認めないわあぁぁっ! 私はっ、私はああぁぁぁぁあっ!』

 叫び狂うマザーの声は、まるで駄々をこねる子供のようだ。

「あの人は……母親の呪縛に囚われるあまり、子供時代から抜け出せなくなっちゃったのかもね」
「だからと言って同情の余地は無いよ、あいつさえいなければ傷つかずに済んだ人はたくさんいるんだ」
「わかってる。無関係の他人を犠牲にしていい理屈はないもん、私も許す気なんてない」

 二人は真っ直ぐな瞳で、嵐の中央に立つ巨人を睨みつけた。

「……」

 一方でマリアは黙り込んで二人の方を見ている。
 彼女は少しだけ、マザーの気持ちが理解できたからだ。
 人格は勝手にできあがるものじゃない、周囲の環境によって少しずつ形作られるものだ。
 もしも彼の母親がスザンナ・スミシーでなければ――無意味な仮定だが、おそらくこのような化物は生まれなかっただろう。
 避けようのない理不尽を前に、誰を憎めばいいのかわからなくなった人間は、時に世界全てを拒絶する。
 大好きだった故郷の人々は、魔族に皆殺しにされた。
 恩人だと思っていた教会の人々は、その魔族と繋がっていた。
 信じていたものは、全て虚構だった。
 ひょっとすると、もっと早くにこの真っ直ぐな――フラムやキリルのような人間と出会えていたのなら、また違う運命もあったのかもしれない。
 だが今のマリアには、マザーこそが未来の自身の姿であるような気がしてならなかった。

「でもあの渦、どうやって突破しよっか。キリルちゃん、何か方法はある?」
「……単純に力で抜けられないか試してみる」

 そう言ってキリルは一歩前に踏み出し、両手で剣を握って前に突き出した。
 その切っ先を巨人の心臓部に向け、「ふぅ」と息を吐き出す。
 そして――

「ブラスターッ!」

 ドオォンッ!
 剣から、あまりに眩く激しい光の帯が放たれた。

「ひやっ!?」

 その衝撃によろめき驚くフラム。
 マリアは無言だが、ぐっと両足に力を込めて踏ん張った。
 射出された魔力の塊は、真正面から渦と衝突。
 ぶつかり合う力と力はバヂバヂッ、とスパークする。
 その音は聴覚が麻痺するほど凄まじく、その光は周囲が真っ白に染まるほど強烈であった。
 最初は拮抗していた二つのエネルギーだが、次第にブラスターの力が横に逸らされ、ずれていく。
 そして渦の側面を滑るように受け流されてしまった。
 曲げられた光の帯は近くにあった建物に命中すると、跡形もなく蒸発させた。

「くっ……いなされた」
「でもかなり耐えてたよ!」
「あと少し渦を弱めることができれば打ち勝てるかもしれません。フラムさん、“反転”であれに干渉できませんか?」
「うん、やってみるね」
「わたくしもありったけの魔力で援護します」
「フラム、気をつけてね!」

 キリルの言葉に力をもらい、フラムは強く地面を蹴り自ら渦に突っ込んでいく。
 魔力だけを流し込むのなら、プラーナで飛ばすのではなく直接ぶつけるのが有効的だ。
 紅色の柄を両手で握りしめる。
 眼前に迫る暴風の障壁。
 低く構えた漆黒の剣、その刃を傾ける。

「はあぁぁぁぁぁっ――ぶち抜けリヴァーサルッ!」

 フラムは全力で魂喰いを振り上げた。
 オリジンの力場と反転の魔力が接触した瞬間、閃光が弾ける。
 それはキリルの放ったブラスターと同じか、それ以上のまばゆさであった。

「同じコアを使う者として思うところはありますが……」

 さらにマリアの周囲に無数の、そして様々な形をした光が浮びあがった。
 それら全ては高速で回転し、自ら威力を高めていた。
 同じオリジンの力だ。
 しかし、少なくとも今のマリアに、マザーの味方をする理由は一切ない。

「わたくしのありったけ、受けなさい!」

 ズガガガガガァッ!
 浮かび上がった全てが、一斉に巨人に向かって飛来する。
 二人の力同様に、それらも渦と反発しあい、炸裂した。

「ぬああぁぁぁぁあああああッ!」
『無駄よ、そんなことをしても、私には絶対に届かないわぁ!』
「届くっ、絶対に届かせてみせるんだからあぁぁぁぁぁぁッ!」

 フラムとマザーの感情がぶつかりあう。
 それは――結果の見えた力比べであった。
 なぜならばマザーは一人であり、フラムには待つ人がいるからだ。
 明らかに、目に見えて、巨人を包む渦は弱まっていた。

「キリルちゃんッ!」
「今度こそ行くよっ、ブラスタアァァァァァッ!」

 キリルは剣を両手で構え、高エネルギー砲を照射する。
 ズドォォンッ!
 反動で彼女のかかとが地面を削り、体が後退する。
 勇者のステータスを持ってしても顔をしかめてしまうほどの威力。
 それが弱まった渦にぶつかれば――もはや耐えることはおろか、受け流すことすら不可能であった。

「いっけえぇぇぇぇぇぇぇッ!」

 キリルの叫びに呼応するように、ブラスターはさらに出力を増す。

『届かない……届く、わけがあぁぁっ!』

 マザーの拒絶むなしく、光の帯は巨人に届いた。
 ジッ――バシュウッ!
 あまりの高温に、焼けることすらなく、蒸発していく巨人の上半身。
 フラムはそこから投げ出されたオリジンコアを発見。
 跳躍し、放物線を描いて地面に落ちようとするそれに迫った。

『させないッ!』

 巨人の残った下半身が分裂し、赤子の形に変わる。
 そしてコアに手を伸ばそうとしたが、

「それはこちらの台詞です」

 マリアの光の剣が敵を焼き尽くし、それを阻止した。
 遮るものはもう何もない。
 コアに近づいたフラムは剣を振り下ろし、反転でそれを破壊する。

『おおぉぉぉおおおおおッ!』

 パキッ、と黒い水晶が真っ二つに割れると、マザーは苦しそうに呻いた。
 さらに王都を覆う赤黒い膜が波打っている。
 フラムたちには知る由もないことだが――外では、巨大な赤子が苦しげに身をよじっていた。

「これで倒したってこと?」
「ううん、たぶんまだコアが残ってる。全部破壊しないと、マザーが死ぬことはないと思う」
「先ほどは自分からコアを差し出してもらえましたが、残りはそう甘くないでしょうね」

 待つのではなく、攻めなければ。
 三人は一斉に空を見上げた。
 その先にあるコア――それを破壊できるのは、フラムただ一人だけである。

「マザーが苦しんでる今がチャンスかもしれない」
「フラム、本当に行くの?」

 キリルは心配そうに尋ねた。
 その気持ちが、フラムは嬉しかった。

「私にしかできないことだから」
「……わかった」
「わたくしも援護しますわ、必ず守り抜いてみせます」

 頼もしい言葉を受けて、フラムの体はいつになく活力に溢れていた。
 あといくつのコアが残っているのかはわからない。
 しかし、負ける気がしない。

重力よ、反転しろリヴァーサル!」

 そして彼女は地面を蹴って、天高く舞い上がった。
 実を言うと、あんな高さまで飛ぶのは初めての経験だ。
 だが魔力にはまだまだ余裕がある、途中で尽きさえしなければ落ちることは無い。

『させ……る、ものか……!』

 マザーは苦痛から復帰しつつあった。
 彼は怨嗟のこもった声をフラムに向けると、天井の膜の向こうから、二本の赤黒い触手をけしかけた。
 その太さは、一つ一つが彼女の体と同じぐらいある。
 さらに全ての先端が回転しており、当たれば、フラムの体は瞬時にしてミンチにされてしまうだろう。

「やらせないッ、ブラスター!」
「セイクリッドランス!」

 地表のキリルとマリアが援護する。
 光の帯と槍によって、現れた触手は全て破壊された。
 安堵し、表情を緩める二人だったが――それで終わりではない。
 次は四本、倍の数になった触手がフラムに襲いかかる。
 だがその程度ならばまだどうにかなかった。
 再び地表からの魔法によって砕け散る。
 そして次は――八本。
 フラムが天井に届くまでにはまだ距離がある。
 この調子で増えるのだとしたら、次は十六本、その次は三十二本、さすがに二人では対処できない量だ。
 フラム自身も、迫る触手に剣を振るい対処したが、徐々に追い詰められていく。

「ここまで来たのに……これ以上増えるんなら、一旦戻らないとまずいかもっ」
『ひひゃはははははっ! 届かない、届かせない、何度も好き放題やらせてたまるもんですかぁッ!』

 マザーはすっかり調子を取り戻している。
 フラムを囲む、六十を越える数の触手。

「おおおおぉぉおおおおおおおッ!」

 だがそれらは、地上で巨大な岩の剣を構える男によって両断された。
 放たれた剣気が、むしろ逆に触手の方をミンチに変える。
 その全身は血だらけだが、闘気は満ち満ちている。

「ガディオさんっ!?」
『どうしてっ!? どうして自力で逃げ出せてるのよぉおおおお!』
「ふん、俺もわからん。勝手に力が弱まったから這い出ただけだ」

 先ほどのコアの破壊は、全ての繭にも影響を及ぼしていた。
 精神汚染が弱化し、特に強い意志を持つ者は、自力で逃げ出せるようになっていたのである。

『くそっ、くそがあぁぁぁぁッ! でもまだよ、まだ私には力が残って――』
「でもこっちにも役者が残ってるんだよなぁ……そらよっ!」

 現れた男は矢を放つ。
 それは空中で弾け、無数の弾丸となって全てが正確に触手を撃ち抜いた。

「ライナスさんまでっ!」
「……あぁ」

 ライナスの無事を確認すると、マリアも安堵する。
 もっとも、体は傷だらけで、本当は立っているだけで精一杯なのだが。
 傷を治癒するために駆け寄る彼女の姿を見て、ライナスは優しく微笑んだ。
 そして二人が復活したということは――

『まだよっ、まだ負けてたまるもんですかあぁぁぁぁぁっ!』
「残念、わたしもいる」

 今度は水の散弾が天に向けて放たれ、残ったなけなしの触手を全て粉々にした。

「エターナさんっ、無事だったんですね!」
「余裕」

 フラムにピースサインを向けるエターナだったが、どう考えても強がりである。
 だが生きている。
 みんな生きて、フラムを助けてくれている。

『こんな……仲間なんて、他人との繋がりなんてっ、そんなものおおぉおおおッ!』

 もう阻むものは何もない。

「おおぉぉおおおおおおッ!」

 フラムの剣は天を貫く。
 阻むオリジンの力も反転でねじ伏せ、膜を裂き肉を断ち奥へ奥へ。
 その向こうに存在するコアへと――一直線に突き進んだ。





「「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く