「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい

kiki

052 激発

 




 誰もいない場所で膝を抱えて泣いていた。
 どこにも居場所がないと、嘆いて子猫のように泣いていた。
 足音が近づいてくる。
 それがキリルの前で止まると、彼女は顔をあげてその存在を認識する。
 敵か、味方か。
 彼女にとっては敵と呼ぶべき存在は、しかし彼女を敵として扱わない。

 昨日、気絶したあと、キリルは気づけば人気のない小屋の中にいた。
 特に縛られたりもせず、隣にはミュートが座っていた。
 明らかに怯えた様子のキリルに対し、彼女はぽつぽつと語りだす。
 チルドレンのこと。
 オリジンのこと。
 そして、自分たちがどういう存在なのかということを。
 キリルはそのときようやく、あの旅の本当の目的が魔王討伐などではなかったことに気づいた。
 最初から最後まで、彼女は道化に過ぎなかったのだ。
 正体を知れたことで、あの肉の渦に対する恐怖は若干薄れたが、それでも容赦なく人を殺すミュートに対する感情は変わらない。
 彼女もそれを知った上で、しかしキリルに何もしようとはしなかった。
 夜が明けるとミュートは外に出て、王城前広場から少し離れた場所で、キリルに待っているよう伝え、どこかへ姿を消した。

 なぜ――キリルは、ミュートにそう問いかけるのが怖かった。
 言葉のクオリアが違う。
 全く同じ発音の、全く同じ意味の言葉でも、彼女と彼女の間では受け取り方が異なっている。
 騒動の中心にいながら、自分を取り巻く嵐の意味を知らない哀れなキリル。
 彼女の心はぐずぐずになって、壊れそうで、けれど壊れてくれない一番痛くて辛い境界線上で揺れている。
 いっそどちらかに傾くことができたのなら、この中途半端で醜いモラトリアムを脱することができたのに。
 ごめんなさいの一言も。
 どうでもいいの一言も。
 キリルは、どちら側の人間になることもできなかった。
 だから恐れているのだ。
 完全に割り切って、ただ自分の信じた道だけを真っ直ぐに進むミュートのことを。

「キリル、一緒に逃げる」

 一仕事終えた彼女は、キリルに手を差し伸べる。
 キリルは死んだ目で、理由を思考することなく、その手を握る。
 拒んだところで、きっとミュートは彼女が動くまで待ち続けるだろうから。
 理由はわからないが、そうするはずだという根拠のない自信だけはあった。
 立ち上がり、二人で駆け出す。

「どこにいくの?」

 今にも立ち消えそうな小さな声で問いかける。

「……」

 彼女は答えない。
 どこか寂しげな表情を浮かべて走り続けるだけだ。
 背後――王城前の広場からは、あらゆる感情をミキサーした怒号と悲鳴が聞こえてくる。

「いつまでやるの?」

 無性に怖くなって、キリルはさっきより大きめの声で問いかける。

「……」

 やはり彼女は答えない。
 混乱に満ちたノイズが遠ざかり、小さくなっていく。
 あるいは死者が増え、単純に人数が減って音量が下がったのだろうか。
 キリルは深く考えないようにした。
 その騒動の一端に自分が関わっていると考えたくなかったからだ。
 自覚すると、押し潰れて赤い汁を撒き散らし死んでしまいそうだったから。
 だから考えない。
 ぼんやりと、ただ思いついたことだけを、ミュートに尋ね続ける。

「どうして、ここまでやるの?」

 変わらぬ調子で問いかける。

「……キリル」

 するとミュートは足を止め、振り返らぬまま答えた。

「私、どうしてキリル、連れてったか、わかる?」
「わからないよ、何も。裏切られたから憎んで、もう居場所がないから、覚えてもらうために傷を刻む。それは理解できないこともない。だけど……こんなに人を殺すなんて、どうかしてる」

 常識的な答えだった。
 それはミュートとはあまりに遠い価値観ではあったが、彼女は満足げに頷いた。

「そう、だから」
「だから?」
「ひとつ。私、死ぬ。マザーのため、死ぬ。覚えてくれる誰か、欲しい。化物、それ、望めない。でも欲した。人間じみた、感傷」
「……そんなものに巻き込まれても迷惑だ」
「ごめん。でも、キリル、逃げない。優しく、強い。だから、よかった」

 逃げなかったのは、他に行き場所がなかったからだ。
 逃げれば殺されるかもしれないと、ミュートのことを恐れていたからでもある。
 それを優しさと評されても、素直には喜べない。
 しかしキリル自身がどう考えているかなど、些細な問題だ。
 結果として、彼女はミュートに最期までついてきた。
 それはミュートにとって、優しさだと感じられたし、救いだった。

「ふたつ。私、キリル、求めただけ。代わり、何か、与える、望んだ」
「そのために、人殺しを私に見せつけたの?」
「そう」

 即座に頷くミュートを見て、キリルは歯ぎしりをした。
 それが彼女のためなどと、独善的にもほどがある。
 価値観の違いだ、人の死を見せつけられても嫌がらせにしかならないというのに――そうキリルが怒鳴りつけようとしたとき、ミュートは言った。

「私たち、それしか、できない。人じゃない、人を殺すために生まれた、それが、私たち」
「……え?」
「マザー、感謝、してる。でも、思う。私たち、力ある。声、聞こえる。でも、世界、狭い」

 螺旋の子どもたちスパイラルチルドレンたちは、ずっと地下の箱庭で暮らしてきた。
 五人の子供は、閉じられた世界の中で、決められたレールの上を歩くために生まれ、生きていく。
 逸れることは許されない。
 なぜならば、その胸には人ならざる者の力が宿っているからだ。
 ミュートたちは、それをずっと誇りに思ってきた。
 だからこそ、第一世代であるインクを見下してきたわけだが――彼女が普通の人間として生活するようになったことで、状況は変わった。

 強い力がある、すなわちそれは、彼女たちが引き返せないことを示している。
 第二世代は完成形ではない、やがて“チルドレン”に取って代わられる存在。
 マザーもいつか、そちらに興味が移って、ミュートたちのことなどどうでもいいと思い始めるかもしれない。
 そうなったとき、彼女たちに居場所などないのだ。

 さらに、チルドレンはサトゥーキから見捨てられ、オリジンからも切り捨てられた。
 彼らは囁く。
『脚本通りに死ね、それが役目だ』と。
 マザーの子供であると同時に、オリジンの子供であるミュートたちは、それに従うしか無かった。
 死を目前にして、それを素直に受け入れるつもりでいたが――しかし、生まれたときは人の子だった彼女たちは、中途半端に人を捨てきることができなかった。

 マザーに恩返しをしたいと思った。
 誰かに自分たちの存在を覚えていて欲しいと思った。
 それは共通の願い。
 そしてミュートは――キリルと出会ったことで、もう一つの望みを抱く。

「キリル、違う。色々、できる。殺す以外、救える、守れる、他もたくさん」
「そんなの過大評価だよ。みんなそうだった、私は勇者なんかじゃない、私なんかに、何もできるはずが――」

 全てを諦めるキリル。
 ミュートはその手を両手で包み込んで、目を合わせ、笑った。

「生きてる。心臓、脈、打つ。それだけで、可能性、ある」

 キリルは彼女を、恐ろしい化物だと思った。
 だけど違う。
 本当は、死が怖いのだ。
 全く異なる価値観で動いていると思い込み、その言葉を理解しようとしなかったのがまずかったのだ。
 辿ってきた道が違うだけで、人間だろうが化物だろうが、同じ結末に到達する可能性は十分にある。
 確かにミュートの肉体は化物かもしれないが――彼女の思考は、とても人間的じゃないか。

「なのに、どうして、自分、したいこと、しない?」

 感情に任せて暴れて、他人を巻き添えにしようとする。
 迷惑極まりない。
 勇者として、彼女を許すべきではない。
 しかし、理解できないものではない。

「私、もう、おしまい。でも、キリル、違う」

 初めて、ミュートの言葉がキリルに染みた。
 ミュートは――違う道を歩み、袋小路に達してしまった者として、まだ道が残されているキリルを導こうとしていたのだ。
 確かに、贅沢なことだ。
 周囲に流されて、期待に答えられないからって、ただそれだけで何もかも投げ出すなんて。
 目の前には、その選択すらもうできない八歳の少女がいるというのに。

「私は――」

 だからといって、全ての悩みが消えるわけじゃない。
 けれどキリルは、一つの答えを出そうとしていた。
 だがそのとき――

「危ないッ!」

 キリルは遠くから迫る殺気を感じ、とっさにミュートの体を押し倒す。
 ビュオォッ!
 直後、二人の頭上を風を纏った矢・・・・・・が通過する。
 勇者ならば助けるべきではない。
 彼女とて死は覚悟している。
 だがキリルには、まだミュートに伝えたい言葉があったのだ。
 だから考えるより前に、反射的に体が動いた。

「っ……キリル、今のは」
「ライナスさんだ……逃げようっ!」
「いい、私、戦う」
「でもっ!」
「わかってた、騒ぎ、大きい。私、逃げられない。これが、最後」
「そんな、最初からこのつもりでっ!」

 これだけの騒動を起こせば、ミュートの存在が忘れられることはないだろう。
 キリルに伝えたいだけのことも伝えた。
 まだ完全に立ち直ったわけではないが、あとは一人でも大丈夫。
 なら――死を恐れる必要など、もうない。
 ミュートはポケットに手をいれると、そこにある固く冷たい球体を指先で確認した。

「キリルちゃん、退いてくれッ!」

 いつの間にか真上にまで接近していたライナスが、そう言って複数本の矢を放つ。
 キリルはミュートの体を抱えると、その場から飛び退いて攻撃を回避した。

「キリル、離す。それは、だめ。私、人殺し、敵、化物」
「それでも私はっ、私はぁ……っ!」

 わかっている、ミュートが罪人で人殺しだということぐらい。
 たった今、ちょっと交わした言葉だけで心を揺さぶられたからって、庇って仲間と対立するなんて馬鹿げている。
 馬鹿げているが――今さら、自分の心を動かしておいて“助けるな”だなんて都合が良すぎる。

「例え化物だとしても、行き場所がなかったとしても、ただ無駄死にする姿を眺めているだけなんてできないッ!」
「おい待てキリルちゃん、なんでそいつを庇うんだよ!」

 戸惑いながらも、追跡するライナス。
 速度では元よりライナスの方が勝っている。
 幅の狭い路地では逃げ道もなく、じわじわと差は詰められていく。
 剣を抜くかどうか迷うキリルに対し、

「いい。もう、終わり。私、十分」

 ミュートは必死で呼びかけ止めようとした。
 それでも、それでもどこかにご都合主義の一手は無いのかと、キリルは彼女を諦めない。
 しかし、インクのときとは違うのである。
 ミュートは自らの意思で人を殺し、そして教会からも追われる身。
 もはやこの王国で生きていくことなど不可能なのだ。

「ジャッジメント」

 そんな二人の前から、巨大な光の剣が迫る。
 薄暗い通りを明るく照らすその魔法は、容赦なくキリルの眼前に迫り――体を傾け回避したが、肩を掠め、軽い火傷を負わせる。
 痛みに腕から力が抜ける。
 その隙を見て、ミュートは自らの意思でキリルを突き飛ばし、地面に転がった。

「セイクリッドランス」

 前方で待機していた“仮面をかぶった女性”が手をかざすと、天空に光の槍が浮かび上がる。
 腕を振り下ろす。
 すると槍は地上を這うミュート目掛けて、高速で射出される。

「ミュートッ!」
「あ……がっ……!」

 魔法は足に直撃し、彼女の足を焼いた。
 人間の肉の焼ける不快な匂いが路地に充満する。
 しかし火傷した部分はすぐに捻れ――剥き出しになった筋肉が捻れたような外見に変化する。

「マリアちゃん、さすがに今のは危ないぞ。キリルちゃんが避けきれなかったらどうするつもりだったんだよ」
「ああでもしないと止められないと思いました」
「そりゃそうだが……」

 どうやら、仮面の女はマリアらしい。

 昨晩、ライナスの隠れ家に泊まった二人は、広場の異変を察知してすぐさまそこに向かった。
 もちろん彼は、付いてこようとするマリアを止めたのだ。
 いくら仮面を用意したとはいえ、教会絡みの異変に彼女を関わらせるのは可能な限り避けたい。
 しかし、彼女はなぜか、意地でもついてこようとした。
 結局、そんなマリアを止めきれなかったライナスは、二人で広場に向かうこととなったのである
 だがその途中――彼の目がキリルとミュートの姿を捉えた。
 そして、ミュートが騒ぎの元凶であると判断したライナスが、矢を放ったというわけだ。

 女の正体を知ったキリルは、躊躇なく剣を抜いた。
 そして彼女を睨みつけ、構える。

「マリアさん、あなたは……っ!」

 敵意を向けるキリルに、ライナスは戸惑いを隠せない。

「お、おいキリルちゃん、待てって! 俺らは敵じゃないだろ!?」
「この人は……この人は、私にコアを与えて化物にしようとしたんだ! 自分の都合のいいように私を操ろうとした!」
「何を言ってんだよ、まさかそこのミュートってやつに何かされて……」
「違いますよ、ライナスさん」

 マリアは落ち着いた様子で告げる。

「事実です。わたくしは、自分の望みを叶えるために、キリルさんを化物に変えようとしました」
「……そんな、馬鹿な」

 ライナスはまだ、マリアから何も聞かされていない。
 昨晩だって、黙り込む彼女に、ただただ寄り添っていただけだ。
 それが優しさだと思った。
 そうやって一緒に過ごしていれば、きっと全てを話してくれるはずだと。

「待ってくれよ、じゃあ、マリアちゃんのその姿は……!」
「ええ、自分でやったことですよ。そしてキリルさんやジーンさんにも同じ力と、同じ意思・・を与えるために、コアを渡しました」
「だからジーンのやつあんな……」

 マリアを罵倒していたジーンのことを思い出す。
 それこそが、彼が憤っていた理由だったのだ。

「でも、だからってキリルちゃんがその子を庇う必要はないはずだろ!?」

 それぐらい、キリルだってわかっている。
 ミュートは殺されても仕方ないほどの罪を重ねてきた、それを彼女自身も自覚している。

「だけど――」

 だからといって、マリアにミュートの罪を裁く権利などあるだろうか。
 同じ罪を背負う者が、何のつもりで偉そうに彼女を傷つけると言うのか。

「はああぁぁぁああッ!」

 キリルはマリアに向かって突っ込んだ。
 マリアは――表情こそ見えないものの、落ち着いた様子で小さな光の剣を無数に作り出し、彼女に放とうとする。
 その冷静さは、まるで最初から・・・・こうなると・・・・・理解していた・・・・・・ようだ。

「キリル……っ」

 ミュートは苦しげに唇を噛み、駆け出した。
 そして剣同士で鍔迫り合いをする二人の横を抜けて、逃げ出そうとする。

「何がどうなってんだよ……くそッ!」

 マリアのこともキリルのことも、そしてあのミュートという少女のことも、ライナスには何もわからない。
 だがはっきりしていることがある。
 ここで――ミュートを逃がすわけにはいかないということだ。

「……マリアちゃんもキリルちゃんも、あとで戻ってきたら全部話してもらうからなッ!」

 苦悩の末、ライナスは跳躍し屋根の上に飛び乗って、ミュートの行方を追った。
 マリアとキリルは彼の言葉など聞こえていない様子で、剣と魔法による近接戦闘を繰り広げている――



 ◇◇◇



 フラムたちはようやく広場に到着し、その地獄のような光景を前に立ち尽くしていた。
 数百体の死体が転がる舞台の上で、冒険者たちがそれを踏み潰しながら戦っている。
 空中で剣同士がぶつかりあったかと思うと、一方が地面に向けて吹き飛ばされる。
 すると砂埃ではなく、赤い血が霧のように吹き上がるのだ。

「ひどい……」

 エターナはそれを見て、感じたことをそのまま言葉にした。

「どうなってるの、これ」

 殺し合っているのはまともな人間同士だ。
 中には軍の兵士と教会騎士で争っている者もいた。
 一見して気が狂った人間たちが戦っているようにも見えたが、その理由は、スキャンをかければ明らかであった。



--------------------

 オージス・クリアーデ
 属性:光

 筋力:4871
 魔力:4219
 体力:5783
 敏捷:5236
 感覚:4091

--------------------



 一人目。



--------------------

 オージス・クリアーデ
 属性:光

 筋力:4871
 魔力:4219
 体力:5783
 敏捷:5236
 感覚:4091

--------------------



 二人目。



--------------------

 オージス・クリアーデ
 属性:光

 筋力:4871
 魔力:4219
 体力:5783
 敏捷:5236
 感覚:4091

--------------------



 三人目。
 そして四人目も、五人目も、六人目も――みな、同じステータスをしている。
 名前に意味などない。
 繋げた・・・うちの一人の名前を、適当に選んで付けただけなのだから。
 問題は、その言うまでもなく、文句無しの、Sランク級の化物じみた数字の羅列であった。
 それを持つ人間が、目の前に数人どころか、数十人も立っているのだ。

「ミュートだ。あいつが、広場に集まったSランク冒険者に力を使ったんだ」

 そして他の人間たちを次々と繋げ、無差別な殺戮を行うように指示をした。
 一人がSランク並の能力を持っていれば、繋げた全員が同じステータスを持つ。
 筋力の高い冒険者と魔力の高い冒険者を繋げれば、その両方を備えた人間が生まれる。
 冒険者だろうと、一般人だろうと、子供だろうと、老人だろうと――例外なく、全員が、Sランクになるのである。
 そんな圧倒的な暴力の前に、人々は為す術もなく倒れていくしかなかった。
 ガディオは周囲を見回す。
 兵士の姿はあるが、軍の将軍も、教会騎士団の団長も、キマイラの姿だってない。
 やはりそうだ、最初から彼らは、そのつもりで人を広場に集めたのだ。
 沢山の人々を殺し尽くし、その上で三人をおびき寄せるために。

 また一人、戦闘中の人間が息絶え――次の獲物を探して彷徨う視線が、三人を捉えた。
 すると他の敵も、一斉にこちらを向く。
 押し寄せる壁のように迫る殺気に、フラムは心臓を鷲掴みにされたような気分だった。
 彼女が生唾を飲み込むと、ごくりと喉が上下する。
 背中を冷や汗が伝う、握る手のひらが湿り気を帯びて滑る。
 立ちはだかる全員が、自分よりも遥かに高いステータスを持っている。
 それが、数十人も。
 勝てるのか勝てないのかを考える前に、脳裏によぎったのは“生きて帰れるのかどうか”という疑念だ。
 口の中が乾く、呼吸が荒くなる。
 だというのにやけに寒くて、フラムの手は震えている。
 大抵のことには慣れたと思っていた。
 しかし――どうあがいても自分では敵わない脅威を前に、彼女は恐怖する。

「まだ生存者はいる、彼らが逃げる時間を稼ぐぞ」

 そう言って、ガディオは背中の剣を抜いた。
 しかし彼も“勝つ”とは言わない。
 エターナも意識を集中させ、魔法発動の準備を始める。
 その表情は、いつになく緊張していた
 一方でフラムは――こういうときに考えるのは、いつだってミルキットのことだ。
 恐怖を押し殺すには、帰る場所のことをひたすらに想うしかない。
 魂喰いを握りしめ、そして――

「……はい」

 震える声で、精一杯の勇気を振り絞り、そう返事をした。





「「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く