「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい

kiki

幕間6 螺旋迷宮に出口は無い

 




「ネイガス、横からも来てるっす!」
「りょーかい、っと!」

 王国北西部に存在する、教会の地下研究所跡。
 セーラとネイガスは、そこで巨大な蜘蛛のようなモンスターと戦っていた。
 蜘蛛と言っても、頭部は馬のような形をしているし、口からは無数の触手が生えているのでまともな生物では無さそうなのだが。
 実験に使われていた場所らしく、部屋はやけに広い。
 ネイガスにとってセーラを守りながら戦うのは、さほど難しいことではなかった。
 側方でしなる触手の鞭を飛び避けると、彼女はセーラを抱き寄せ、手を前方にかざして魔法を発動する。

「トルネード・イリーガルフォーミュラ!」

 ビュオォォ――ゴオォォオッ、ガガガガガガッ!
 魔力の過剰行使により生成された巨大な竜巻が、二人を包み込む。
 威力は時間経過とともに次第に増し、やがて全ての敵を切り刻む絶対無敵の壁となる。

「ギイイィィィィ! ギー! ギイィィ!」

 知能は低いのか、自ら体の半分ほどを竜巻の内部に突っ込ませた二体のモンスターは、苦しげな声をあげた。
 それでも獲物を喰らおうと、必死に口から紫色の触手を伸ばす。
 だがそれがネイガスに届くより前に、バキッ――と何かが割れ、砕けた。

「ギギャアアァァアアアアッ!」

 馬の口から粘液を撒き散らし、叫ぶモンスター。
 同じくもう一体も耐久性の限界を迎え、胴体の中央から真っ二つに切断される。

「まだ死なないっすか!?」

 セーラは、思わず声をあげた。
 体が半分になりながらもこちらに近づいてくる化物。
 その生命力の高さと執念に、若干の恐怖を覚える。
 ネイガスは冷静に、

「メルティダークネス」

 手のひらから拳大の黒い球体を、モンスターの頭に向けて放った。
 それはふわふわとシャボン玉のように近づき、そして接触した瞬間に一気に膨らみ、頭部を包み込む。
 その内側では、闇の魔力が皮膚や肉を溶かしていた。
 闇が消えると、その部位が骨だけになって現れる。
 さすがに脳が破壊されては活動を維持することはできず、モンスターはぐったりと倒れ込み、動かなくなった。

「ふぅ……」

 ネイガスは息を吐いた。
 まだ余裕を持って倒せる程度ではある。
 だが、研究所の使用期間が現在に近づくにつれ、確実に強くなっていく。
 法外呪文イリーガルフォーミュラに耐えるほどのモンスターなど、野生ではなかなか見かけない。
 このまま進歩を続けていけば、やがてネイガスクラスの使い手が放つ魔法にも耐えるようになるのだろう。
 いや、あるいはすでに今の時点で――

「ネイガス、手に怪我してるっす」

 真剣に考え込んでいたネイガスは、セーラに触れられた途端にでれっとだらしない表情になった。
 そんな彼女に呆れつつも、いつの間にか手の甲に出来ていた傷に治癒魔法を使うセーラ。

「いつの間にやられてたのかしら」
「油断禁物っすよ、敵もどんどん強くなってるんすから」
「セーラちゃんに心配されるなら怪我も悪くないわね……」
「あんまり調子に乗ってると放置するっすからね」

 そう冷たく言い捨てると、一人で部屋を出て行くセーラ。

「やあねえ、冗談だってばぁ。待ってよセーラちゃんっ」

 それを小走りで追いかけるネイガス。
 隣に並ぶと、また真剣な顔に戻り、喋りだす。

「それにしても、頭を潰すと素直に死んでくれるあたり、最初に比べるとオリジンっぽさは無くなったわよねえ」
「確かにそうっすね、傷口がねじれることも無いっすし。でも見た目はどんどん気持ち悪くなってる気がするっす」
「キマイラ……色んなモンスターの体を繋ぎ合わせ、適したコアを与えて強力な兵器を作り出す研究……か。業が深いわ、ほんと」
「しかも確実に力をつけていってるっすからね、今稼働してる研究所ではどんなのを作ってるんすかね」

 もやもやと、セーラは頭の中で色んな動物やモンスターを組み合わせた化物を想像する。
 相当に気持ちの悪いのができたらしく、彼女は「うぇ」と舌を出して言うと、首を振ってそのイメージを頭の中から追い出した。
 そんな彼女の様を見て、くすりと微笑むネイガス。

「セーラちゃんがいなかったら、この研究所の場所もわからなかったんだし、本当に感謝してるわ」
「なんすか、藪から棒に。好感度稼ぎっすか?」
「たまに優しくすると辛辣な言葉が返ってくるのはなぜなのかしら……」
「自業自得っすね」

 ぐうの音も出ない正論に、ネイガスは何も言えなかった。
 しかし実際、セーラのもたらした情報がなければ、彼女は延々と教会と関係のない遺跡を調べ続ける羽目になっただろう。
 もっともセーラの方も、リーチに頼まれた薬草“キアラリィ”の場所を探るときに、偶然にも教会の中で見つけた資料――まさかそこに記された地名が、キマイラの研究所の場所を示すものだとは思いもしなかったが。

「でもネイガスほどの風魔法の使い手なら、地下からの風の流れとかで研究所の場所ぐらい調べられるんじゃないっすか?」
「王国って、無駄に大量の遺跡が埋まってて区別がつかないのよ」
「なんでそんなにあるんすか?」
「たぶん、オリジンと戦ってた頃の名残じゃないかしら」
「……オリジンと、戦う?」

 聞き返されて、ネイガスは露骨に“しまった!”と言う表情で足を止めた。

「王国って、オリジンと戦ってたんすか?」
「い、いや……なんていうか、言葉の綾っていうか……」
「まーた機密事項だから、っすか。いいっすよ、どうせネイガスは人間であるおらには何も話してくれないっすもんねえ」
「うぐ……」

 罪悪感から、胸を抑えて苦しそうな声を出すネイガス。

「一緒に旅をしてかなり仲良くなったつもりだったんすけど、そう思ってたのはおらだけっすから」
「ぬぐぐ……!」
「あーあ、今日の宿では二人でお風呂に入ってもいいと思ってたんすけどねえ。ネイガスが必死になって頼んでくるから、そろそろ許してもいいかと思ったんすけど、隠し事ばっかりしているようじゃそれも難しいっすよね……」
「むむぅ……!」

 さらに彼女は苦しみ、葛藤する。
 確かにお風呂には入りたい、いっそ土下座しようかと思ってしまうほど入りたい。
 しかし、自分の欲を優先して、魔族の機密情報を漏らしてしまっていいものなのか。
 いやだめだ、常識的に考えて駄目だ。
 だが常識を越えなければ、理想郷は手に入らない。
 それに冷静に考えてみれば、ここまでセーラを巻き込んでおいて、オリジンのことを何も教えないのはアンフェアではないか――

「むがああぁぁー! わかった、わかったわ、話せる範囲で話すわよぉ! こうなったらもうヤケよ、機密なんてくそくらえだわ! だから一緒にお風呂に入らせてくださあぁいッ!」

 人間を超越した動きで額を地面に擦り付け、頼み込むネイガス。
 セーラはもちろんドン引きした。



 ◇◇◇



 最寄りの町であるノウェイスの宿を取った二人。
 部屋に入り、ローブを脱いでからというものの、ネイガスは「おっふろ、おっふろっ」と子供のように浮ついていた。
 一方でセーラは“早まったかな”と後悔気味である。
 何も体を売り払わなくても、ちょっと胸に飛び込むだけでオリジンの情報ぐらい話してくれただろうに。
 しかし約束してしまったからにはしょうがない。
 そのために、わざわざ部屋に風呂が備え付けてある高い宿を取ったのだから。

 というわけで、念願の入浴タイムである。
 身にまとっていたバスタオルは即刻剥ぎ取られ、湯船の中でネイガスの足の上に座らされるセーラ。
 今までさんざん抱きしめられたりセクハラされたりしてきたが、直接肌が触れるとなるとまた事情が違う。
 湯気がもくもくと立ち込める中、彼女は顔を真っ赤にして縮こまっていた。
 一方でネイガスは、実に幸せそうにセーラの体を抱きしめている。

「ふへ……へへ……でへへへ……」
「頼むからそのおっさんっぽい笑い声をやめて欲しいっす」
「えぇー? 無理よぉ、だってあのセーラちゃんと一緒にお風呂に入れてるのよぉ?」
「オリジンのことを教えるっていう約束、忘れてないっすよね?」
「そこはちゃんと覚えてるから安心して。じゃあどっから話そうかなー」

 どうやら彼女は、このまま風呂の中で話をするつもりらしい。
 セーラと長時間同じ湯船に浸かるための時間稼ぎだろうが。
 小癪だが、話を聞きたいセーラは従うしかない。

「王国がオリジンと戦ってたって話から聞きたいっす」
「それは王国じゃなくて、正確には人間と魔族ね。だから魔族の領地にも遺跡は結構埋まってるのよ」
「人間と魔族は……協力してたんすか?」
「もちろん、いくらオリジンに対する耐性を持ってたとしても、そうしないと勝てるはずがないわ」
「耐性、っすか」
「そう、耐性。オリジンが生まれてからというものの、この星に存在する生物は急速に進化していったの。“属性”を身に着け、魔法が使えるようになったのもそのうちの一つ」
「そんな都合よく進化できるものなんすかね」
「この星から生命を絶やさないようにするための、“星の意志”とも呼べる力が働いていたのかもしれないわ。旧人類が進化して人と魔族に別れたのもそのため。生命に多様性を持たせることで、どちらかが滅んでもどちらかが生き残られるようにしたの」

 規模が大きすぎて、セーラはいまいちピンとこなかった。

「このあたりを理解してもらうには、オリジンがどういうものなのかを知ってもらう必要があるわね」
「それが一番知りたいっすね」
「じゃあ聞くけど、セーラちゃんは、この世界から争いを無くすためには何をしたらいいと思う?」

 なぜ急に関係のない話を――そう思ったが、ネイガスの声のトーンは真剣そのものだ。
 これもオリジンに何らかの関係がある話なのだろう。
 セーラは下唇に人差し指をあてて、「うーん」と悩む。
 ネイガスはその可愛らしい仕草に興奮する。

「全ての人にしっかりとした道徳教育を施す、っすかね」
「思ったより現実路線ね……」
「違うっすか?」
「確かにそういうのが理想なんでしょうけど、オリジンを作った・・・人はこう考えたの」

 セーラのこぶりな耳に唇を寄せ、ネイガスは囁く。

「あらゆる生命体の脳を接続し、一つの命にしてしまえばいい、って」

 ぞくりと体を震わせるセーラ。
 彼女の声色も相まって背筋が凍るが、よくよく考えてみると――

「……それを至近距離で言う必要、無くないっすか?」
「野暮ねえ、雰囲気作りは大事なのよ?」
「そういうのはいいっすから、淡々と事実だけを教えてほしいっす」

 彼女は唇を尖らせ、不満をこぼす。
 余計なことさえしなければ、優しいお姉さんなんすけどねえ――と心の中で付け加えながら。

「ところで脳を接続って、どういうことっすか?」
「だからそのままの意味よ、他者がいなければ争いが起きることはないじゃない。まあ一応、人の意識が回路を巡ることで永遠にエネルギーを生成し続け、増体を続ける無限機関、っていう側面もあるみたいよ」

 だからオリジンは止まらない。
 自身の消耗を自身の生み出したエネルギーで補うことで、破壊されるまで延々と規模を拡大し続ける。

「なんだか、寂しいやつっすね」

 揺れる水面を見つめながら、セーラは言った。

「確かに一人になれば争いはなくなるかもしれないっすけど……それじゃあ、誰かを好きになることもできないっす」
「セーラちゃん……」

 感受性豊かな彼女らしい反応である。
 顎から滴り落ちた雫が、彼女の悲しみを象徴する涙のように見えた。
 ネイガスは感動し、抱きしめる両手に少し力を込めた。
 しばしの沈黙し、静かな浴室に水の音だけが響く。
 それを破ったのは、ネイガスのこんな言葉だった。

「それは私に対する遠回しな告白だと思っていい?」
「情緒が台無しっす」

 台無しであった。
 有無を言わさず立ち上がり、湯船を出るセーラ。

「あぁ、待って、悪気はなかったのよおぉ!」

 ネイガスは必死に足にしがみついたが、つるんと滑ってすり抜けていく。
 結局そのまま、夢のお風呂タイムはお開きとなったのだった。



 ◇◇◇



 風呂上がり、セーラは部屋に備え付けられた鏡台の前に座った。
 ネイガスは彼女の後ろに立ち、風魔法で彼女の髪を乾かし、ブラシで梳いていく。

「しかし色々おかしいっす。人間と魔族は元々協力しあってたのに、なんで今はこんなに仲が悪いんすかね」
「私とセーラちゃんはこんなに仲がいいのにねえ」
「ネイガスみたいなのが多いからっすかね」
「セーラちゃんの辛辣さが留まるところを知らないわ……」
「重ね重ね自業自得っす」

 十割ネイガスが悪い。
 もちろん彼女にも自覚はあった。
 真面目な話のときでもついつい茶化したくなってしまうのは、昔からの悪いクセである。

「冗談はさておき、魔族との距離を取るっていうのは、元々は人間側が求めたことだったの」
「なんでそんなことをしたんすか?」
「人は欲望の強い生物だから、いずれ力を求めてオリジンの封印を解いてしまうだろう。だから我々でなく魔族が、未来の人間に奪われることがないようそれを守って欲しい――って、オリジンを封印した初代の勇者が言ってたそうよ」

 魔族は人と違い、欲も薄く、その代わり数も少ないのだ。
 だからこそ、作物もあまり育たない北の地で生き続けることができた。

「新事実が続々出てくるっすね。その感じだと、オリジンって魔王城あたりに封印されてるんすか? しかも勇者って、今のキリルさんだけじゃないんすね」
「もうこの際だから言っちゃうけど、その通りよ。魔王城の地下に封印……と言うか、オリジンの上に魔王城が建てられたの」
「……オリジンって、思ってたよりスケールが大きそうっすね」
「大きいわよお。勇者に関しては、何百年かに一回は現れてるみたい」

 しかし、オリジンのいない時代に生まれたところで、“ものすごく強い冒険者”程度の人物でしかない。
 勇者が真価を発揮するのは、オリジンが復活したときか、あるいは――

「もしかして、オリジンのお告げでキリルさんが魔王城に向かわされたのって……」
「封印を解くためでしょうね」
「狡猾っす、フラムおねーさんが選ばれたのも似たような理由なんすかね」
「そこは私にもわからないわ、でもどうせろくな事に使わないでしょうし、遠ざかってくれてよかったと思ってるわ」

 ネイガスはフラムの属性“反転”のことを知っている。
 唯一コアを破壊できる能力――それが目当てだったことは想像できるが、確証が無いため明言は避けた。

「あれ? そういえば、まだ人間と魔族の仲が悪くなった理由を聞いてないっすよね、さっきのはほとんど交流がなかった理由にしかなってないっす」
「実を言うとね、はっきりとした理由はわかってないの。五十年ぐらい前だったかしら、人間との間に結んでた停戦協定が一方的に破棄されて、しかも王国内に流通する本や物語に、魔族を悪者にするような内容が増えだしたのよ」
「それって、国ぐるみでやらないと難しくないっすか?」
「でしょうね」
「オリジンの仕業……なんすかね」
「たぶんね。国王との繋がりも強い教会が、組織ぐるみでオリジンコアを使った研究をやってるんだもの。ひょっとすると、とっくに王や教皇たちは洗脳されてるのかもしれないわ」

 風魔法が止まると、ネイガスはセーラの金色の髪に触れる。
 すっかり乾いているようだ。
 セーラは「ありがとっす」と、鏡越しに笑いかけた。

「そういえば、人間と魔族は耐性があるんすよね。だったらなんで今は“コア”の影響を受けてるんすか?」

 彼女は鏡の前から移動し、ベッドの縁に腰掛ける。
 ネイガスは一足先に布団に潜り込みながら返事をした。

「可能性は色々考えられるわね、今の耐性を持った人間や魔族がオリジンに新たに接続されて対処法を身に着けた、とか」
「それが原因だとすると、オリジンに接触できる人が犯人なわけっすよね。言いにくいっすけど……魔族の中に裏切り者がいるんじゃないっすか?」
「魔族がオリジンに肩入れする理由が無いし、調べても形跡が無いのよ」

 形跡を消してまでオリジンに接触ができるのは、シートゥムか、ツァイオンか、ディーザか、それぐらいのものだ。
 裏切る彼らの姿を想像したが――馬鹿げている、と彼女はすぐに想像を打ち切る。

「わかんないことばっかりっすね」
「地道にやってくしかないわよ。まずは第一に、コアに込められた力の出処を突き止めるため、キマイラの稼働してる研究所を見つけ出すことから」

 目を細め、天井を見つめるネイガス。
 普段はふざけてばかりで印象に残りにくいが、彼女の顔は非常に整っている。
 黙ってさえいれば、いかにもクールな美人と言った雰囲気で――その表情を見たセーラの胸は、どきりと高鳴った。
 そしてすぐに「はっ」と正気に戻り、ブンブンと首を横に振る。

「セーラちゃん、何やってるの?」
「な、何でもないっす!」
「寂しいなら一緒に寝る?」

 そう言って、布団を開いて誘うネイガス。

「断るっす!」

 セーラは語気を荒らげ、乱暴に布団をかぶった。

「つれなわねえ」

 そう言って微笑むと、ランプのスイッチに指で触れ、魔力を流す。
 部屋を淡く照らしていたランプが消えた。
 視界にぼんやりと浮かぶ木組みの天井の概形。
 瞼を落とすと、それすら黒に包まれ見えなくなった。

「おやすみなさい」
「……おやすみっす」

 こんなときでも挨拶を交わすのは忘れずに。
 二人は瞳を閉じ、明日の探索に備えてすぐに眠りについた。



 ◇◇◇



 魔王城の中にある図書室には、魔族の歴史と叡智が詰まっている。
 すでにみなが寝静まった時間、シートゥムは椅子に腰掛け、まばたきすら忘れて書物にのめりこんでいた。
 何度確認しても、オリジンの封印に緩みは確認できない。
 だがどうしても納得ができず、別の手がかりが無いかと夜な夜なここに通っているのだ。
 そんな彼女の背後から手が伸び、机に芳しい香りが立ち上るお茶が置かれる。

「兄さ――」

 シートゥムは振り返り、そう言いかけた。
 だがそこで笑っているのはツァイオンではなく、片眼鏡をかけた燕尾服の男性――ディーザであった。

「ふふ、わたくしで申し訳ございません」
「……うぅ、ち、違うんです、そういうつもりでは」
「今からでもツァイオンを呼んできましょうか?」
「もうディーザ、あんまりいじわるを言わないでくださいっ」

 顔を真っ赤にして、シートゥムは俯いた。
 彼女がツァイオンのことを想っていることぐらい、ディーザにはお見通しである。
 逆もまた然り、むしろなぜ恋仲にならないのか不思議なぐらいだ。
 無論、それが魔王としての責任感によるものであり、なおかつオリジンの存在が二人の仲を邪魔していることもまた、彼は知っているのだが。

「もう夜も遅い、あまり根を詰めすぎると体を壊してしまいますよ」
「今は緊急時ですから、そんなことは言ってられません」
「ふむ、ご立派になられましたな……泣いてばかりいた子供の頃が嘘のようです」

 勇ましいツァイオンの背後に隠れ、いつも不安そうな顔をしている。
 それが幼少期のシートゥムであった。

「子供の頃のことは言わないでください、言われれば誰だって恥ずかしいものなのですから」
「そうでしょうか、わたくしは平気ですが。先々代に拾って頂いてから今に至るまで、ここ魔王城で過ごした時間を恥ずかしいと思ったことはありません」

 “拾って頂いた”とは比喩でも何でもなく、彼は赤子の頃に捨てられ、拾われたのである。
 ゆえにディーザは自分の両親が何者なのかを知らなかった。

「ですので、魔王様も胸を張るべきかと、僭越ながら意見させて頂きます」
「……そう言いながら、私が大泣きした話を持ち出して、からうかうのがディーザなんです」
「信用がありませんな」
「日頃の行いですよ……って言ってる側からほら、顔が笑ってますし! やっぱりからかうつもりだったんですね!?」

 シートゥムが頬を膨らますと、ディーザの口元はさらに緩む。
 彼はおほん、と咳払いをして気を取り直すと、彼女に忠告する。

「それでは魔王様、くれぐれも無理はなさらぬよう」

 そう言い残して、ディーザは立ち去った。
 残されたシートゥムは、再び本に向かい合う。

「わかっています、でも……」

 先代が残していた日記でもあれば、手がかりが見つかるのかもしれない。
 シートゥムは母がそれを書いている姿をはっきりと覚えているのだが、城のどこを探しても見つけることはできなかった。
 ならば自分の力でどうにかするしかない。
 無理をしてでも、封印に生じた見えない穴を塞がなければ。
 その後数時間、シートゥムは自らの体に限界が来るまで、本のページをめくり続けた。





「「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く