「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい

kiki

034 夢は幸福な狂っています、それはあなたです

 




 強引に手を引いた。
 ミルキットは痛そうにしたが、フラムは「ごめん少しだけ我慢して」と頭を下げる。
 それだけで納得してくれる彼女が自分の隣にいてくれることを幸せに思う。
 人混みをかき分け、時に肩をぶつけ睨まれながら、サティルスらしき女の姿を追った。
 しかし――どれだけ探そうとも、再度彼女の姿を見つけることはできなかった。

「……気のせい、だったの?」
「ご主人様、どうしたんですか」

 理由を告げるべきだ。
 しかし、もし他人の空似だったとしたら、ミルキットを不安がらせることになる。
 いや、今の時点ですでに――だったら素直に白状すべきなのだろう。

「サティルスによく似た人を見かけたんだけど、ね」
「そ、そんな……だって、あの人は昨日、確かに……!」
「うん、確かに死んだはずなんだけど」

 それも入念に、全身をズタボロにした挙句、中身をぶちまけたはずなのだが。
 ならどうしてそれと全く同じ外見をした人間が、平然と町を歩いているのか。

「ちらっと見かけただけだから、私の見間違いの可能性もある……けど、一応、東区に行ってもいい?」
「今のままでは美味しくご飯は食べられませんから、そうした方がいいと思います」

 料理の味は、食べる人間の感情によって大きく左右される。
 せっかく高い料理を食べようと言うのだ、不安の種は除去しておくべきだ。
 二人は人でごった返す中央区を離れ、サティルスの屋敷へと向かった。



 ◇◇◇



 結論から言うと、何も情報は得られなかった。
 門の前に立つ、落ち着きのない様子の私兵。
 フラムは白々しくも、彼に「何かあったんですか?」と問いかけた。
 もちろん、奴隷に対して答える義務などないし、最初は怪訝な表情をしていた。
 しかし人がいいのか、教育が行き届いているのか、

「もうとっくに話は広まってるはずだから言うが、サティルス様が行方不明になったんだ」

 と話してくれた。
 フラムは「ええっ、あのサティルスさんが!」とこれまた大げさに、白々しく驚いてみせる。
 それだけ聞ければ、もう用事はない。
 適当に話を流すと、その場から離れていく。
 そして兵士の目が届かない場所にまで移動すると、立ち止まってつぶやく。

「やっぱり気のせいだったのかな……」

 サティルスが生きているのなら、わざわざ行方不明だとは言わないはずだ。
 屋敷にずっといるはずの兵ですらああなのだ、やはり彼女の死体は隠し部屋に放置されたまま見つかっていないと考えられる。

「最近、色々ありましたから、ご主人様も疲れてるんじゃないですか?」
「かもね」

 自覚はないが。
 だったらなおさら、今日のような休日を楽しむべきである。

「ごめんね、お騒がせしちゃって。今度こそレストランに向かおっか」
「はいっ」

 ひとまず、食事の味を落とす懸念材料は一つ消え去った。
 二人は意気揚々と中央区へ戻り、大通りに面するお高い飲食店を目指すのだった。



 ◇◇◇



 食事は、値段相応に美味しかった。
 もっとも、奴隷というだけで、店員がなかなか奥に案内してくれなかったり、見知らぬ男性客に足を引っ掛けられそうにもなったりと、味以外の難点はいくつかあったのだが――金貨の入った袋を見せると店員はおとなしくなったし、男は逆にフラムに足を踏み潰されたため、些細な問題である。
 ミルキットは、初めて食べる料理を口に運ぶたび、舌触りや風味を確かめながら、使われている素材や調味料を当てようとしていた。
 そんな彼女の様子を微笑ましく眺めながら、フラムも食べたことのない高級料理を味わう。
 お昼ということで、夜に比べればいくらかお手頃な値段で楽しめるため、店内にはカジュアルな格好をした客も多い。
 もちろん、いかにも東区に住んでます、と主張するような派手な服装の人間もいたが、むしろそちらの方が少数派だろう。
 二人は食事を進めていくうちに、気づけばサティルスらしき人影をみかけたことも忘れていた。

 店を出ると、日が傾くまで色んなお店を見て回る。
 露店でアクセサリーを見て、ミルキットにどんなデザインのものが好きか質問攻めに合ったり。
 呪いの装備を物色するも、やっぱり見つからず、なぜか全く関係のないキッチンナイフを購入したり。
 午前とは別の服屋に入って、フラムの新しい白のホットパンツを買って、さらにミルキットにもフラムと同じような格好をさせて恥ずかしがらせてみたり――
 嫌なことを忘れてはしゃぐ二人の姿は、格好はさておき、年相応に見えただろう。
 十六歳と十四歳、実際は遊び盛りの少女なのである。

 思う存分にその日を満喫したフラムとミルキットは、最後に食材を買い込んで、家に戻った。
 出迎えたエターナに、

「デートお疲れさま」

 とまた茶化されたり。
 フラムが二階にあがったところ、足音に気づいたインクに、ドア越しに、

「フラム、デート楽しかったー?」

 とまで言われたり。
 まあ、住人たちは好き放題に言ってくれたが、実際に楽しかったおかげか、今のフラムには心の余裕がある。
 変に怒ったりせずに「うん、楽しかったよ」と返事をすると、エターナもインクも『それはよかった』と素直に喜んでくれた。

 その後、フラムが自室でプラーナの精製や魔力制御の訓練を行っていると、一階からミルキットが夕食を作る音が聞こえてくる。
 もちろん訓練は中断、彼女は階段を降りて、並んで夕食の準備の手伝いを始めた。
 完成が近づいてくると、匂いに釣られてエターナが居間に顔を出す。
 働かざる者食うべからず、半ば強制的に彼女にも料理を運ばせ、和やかな夕食がはじまった。

 それが終わると、自由に、ゆったりと流れていく食後の時間が始まる。
 フラムは、部屋でアクセサリー作りに没頭するミルキットをじっと観察してみたり、彼女を後ろから抱きしめて、ベッドに座って二人で本を読んだり。
 風呂の準備が終わると、基本的にはエターナ、フラム、ミルキットの順番で湯船に浸かることになる。
 インクはエターナが自室で体を拭いているようだ、しばらく経ったらエターナと二人で入ることになるのだろう。

 お風呂からあがると、あとは就寝するのみ。
 同じベッドに入って、少し気恥ずかしさを覚えながらも、ぴったりとくっついて、お互いの体温を感じながら眠りにつく。
 幸せな現実にさよならして、幸せな夢を見る。
 何事もなく夜は更けていく。
 少なくとも、今日までは。



 ◇◇◇



 翌日、フラムは朝からギルドへと向かった。
 今日もいけすかない態度のイーラから仕事を請け負い、王都を出てDランクのモンスターを狩る。
 実力的には、もはやAランクのモンスターを相手にしても余裕で戦えるだろう。
 問題は、王都の周囲にはどんなに探してもBランク程度のモンスターまでしかいない、ということだが。
 より上のランクを目指すためには、デインのように人数の暴力で報酬を手に入れない限りは、積極的に遠征もしなければならない。
 もっとも、今のフラムの目的は冒険者ランクをあげることではないのだが。
 現状、王都周辺のモンスターを狩るだけの依頼でも十分に日々を暮らせるだけの収入は確保できている。
 加えて、何よりフラム自身が地位や名誉にはさほど興味がないこともあり、現状のランクで十分満足できていた。

 依頼を終えると、ついでにエターナから頼まれていた、薬の材料になるという依頼とは関係無いモンスターも狩っておく。
 フラムが全ての仕事を終え、再びギルドに戻ったのは夕方ごろであった。
 カウンターで依頼の品をイーラに渡し、

「順調すぎてつまんないわねえ」

 と憎まれ口を叩かれる。
 そこから軽く口喧嘩をしながら、報酬を受け取った。

「そういや、ガディオさんは部屋にいる?」
「マスターなら今日は早めに帰ったわよ、あんたに教えてもらった店に行くって言って」
「私に?」

 思い当たる節は――あった。
 少し前にギルドで会った時、『最近の小さな女の子はどんな食べ物が好きか知っているか?』と聞かれたのだ。
 ガディオらしからぬ問いかけに色々と勘ぐってしまったが、今になって思えば、あれはハロムのことだったのだろう。
 そしてその時、フラムが答えたのは、

『うん、おいしい。すごくおいしい』

 いつかキリルと一緒に訪れた、菓子店の名前だったはず。
 今でもあの頃の彼女の笑顔を思い出すと、胸が痛くなる。
 けれど、少なくともあの時に一緒に過ごした時間は良い思い出で、ケーキの味も間違いなかったのだ。
 勧めた自分のセンスに間違いはなかったと信じたい。

「でも……あの店かぁ」

 味は間違いないのだが、非常にファンシーな外観をした店なのだ。
 そこに入っていくガディオの姿を想像すると――圧倒的にミスマッチである。
 さぞ浮いていることだろう。
 まあ、それはそれで、娘のためにケーキを買いに来た父親のようで微笑ましくもあるが。

「あとさ、あんたのこと待ってる人がいるわよ。紹介所の方に」
「え、わざわざ待っててくれる人って……あれ、リーチさんだ」
「マスターと言い、マンキャシー商店の社長と言い、あんたの人脈が少し怖くなってきたわ。今度一人ぐらい紹介してくれない?」
「イーラがもうちょっと真面目に生きるようになったら考えてあげてもいいよ」
「けっ、生意気ねえ。つーか私、これでもマジメに生きてるつもりなんですけどぉ?」

 悪態をつくイーラは放っておいて、フラムは紹介所で彼女を待つリーチに近づいていく。
 彼は両肘をテーブルについて何かを考え込んでいるようだ。
 フラムが「こんにちは」と声をかけるまで、彼女がギルドに来たことに気づいていなかった。

「あぁ、フラムさん……来られたんですね」
「忙しいのに待たせてしまったみたいで」
「いえ、私が勝手に待っていただけですので。どうしても……どうしても、確認しておきたいことがあったんです」

 やけに神妙な表情をするリーチに、向かいの席に座ったフラムも思わず身構える。
 彼は何度かためらった後に、周囲に話を盗み聞きしている人間がいないか確認すると、いつもより少し低めに、小さな声で言った。

「サティルスを殺したのは、本当に事実ですか?」

 その問いかけに、フラムは息を呑んだ。
 なぜ忙しいはずの彼が、わざわざ時間を割いてまで彼女を待っていたのか。
 そしてその末に問いかけたのが、サティルスの生死の確認なのか。
 気のせいだ、見間違えだ、そんな逃げ道を塞ぐための、答え合わせだ。

「……彼女は、生きてるんですか?」
「はい、行方不明になったのは事実のようですが、昨晩、屋敷に戻ったそうです。私も今朝、確かに彼女と会話をしました」
「そんな……っ」

 フラムは頭を抱えた。
 あれほど――あれほどまでに徹底的に全身を壊したというのに、死なない人間などいるものか。
 心臓が止まる瞬間も確かに確認した。
 影武者だった?
 いや、だとすれば、あの部屋に出入りできる時点でおかしい。
 なら逆に、今朝リーチと会話をしたサティルスの方が影武者である可能性はないだろうか。

「リーチさん、その時の、サティルスの様子はどうでしたか?」
「違和感は、ありました。最初に私を見た時も、こちらの顔を知らないような素振りを見せたんです。いくら体調が悪かったとしても、あのサティルスがそんなヘマをやらかすわけがない。ですがすぐに思い出し、その後の会話の内容はいつものサティルスと全く遜色はありませんでした」
「そう、ですか。正真正銘、サティルスだったんですね……」
「フラムさんの雰囲気から察する限りでは、確かに彼女はあなたの手にかかった、と」
「はい、間違いなく。あの状態で生きてるなんてことはありえません」

 そしてリーチの言葉が事実なら、それはサティルス本人である可能性が高い。
 そもそも影武者がいたとしても、全く同じ顔の人間を用意するのは不可能である。
 近いことはできたとしても、リーチのような優れた人間の目を欺くのは難しい。

「死んだはずの人間が生き返る、ですか……」

 そんなことが出来る組織・・は、一つしかない。
 教会だ。
 コアを死体に埋め込むことで、死者を命令に忠実な兵士として蘇らせる研究があった……はずなのだが。
 サティルスは忠実な兵士どころか、生前と変わらぬ姿で蘇っている。
 考えようによっては、こちらの方がより恐ろしい――

「フラムさん、心当たりがありそうな表情をしていますね」
「それは……」

 まだリーチたちは、教会が行っている人体実験について、深いところまで足を踏み入れていない。
 今はまだ、引き返せる場所にいると、フラムは感じていた。
 だから言えない、伝えるべきではない。

「教会には、教皇の下に五人の枢機卿と呼ばれる……まあ、言ってしまえば組織の最高幹部がいます。そのうちの一人、スロワナク・セイティ。サティルスが契約を行ったのは彼のようです」
「は、はあ、そうなんですか」
「教会が保持している、薬物などを含む違法な物資――それらの管理を任されているのが、スロワナクということになります。その他、教会騎士を統括しているのがサトゥーキ、神父や修道女担当がタルチ、教皇フェドロの最も信頼する相談役がトイッツォ、そして……現在の教会の核と呼ばれている研究に関しては、ファーモが管理を行っている」

 リーチは、別に知識をひけらかしたかったわけではない。

「ファーモは頻繁に出張を行っており、研究施設は王都の外にあると考えられています。我々はまだその内容まで把握することはできていませんが、常に監視を行っており――彼らが非人道的な実験を行っていることは、ええ、まだ証拠は掴めていませんが理解はしていますよ」
「もう、私が遠慮したところで手遅れだって言いたいんですか?」
「察しが良くて助かります」
「はぁ……本当にいいんですか? 教会は平気で人を殺します、ウェルシーさんだって危険にさらされるかもしれない」
「だからこそ、でしょう。ただの利権団体なら私もそこまで追いかけようとは考えませんよ」

 巻き込む人間は少ないほどいい。
 しかし、教会は日に日に容赦をなくしていく。
 エスカレートする彼らの研究は、いずれより多くの罪のない人々を巻き込むことになるだろう。
 だとすれば、教会のことを自らの意思で調べるリーチたちが狙われるのも時間の問題だ。
 だったら早いうちに引き込んで、協力した方がいいのかもしれない。

「サティルスを蘇らせたのは……おそらく、教会内部に存在する、ネクロマンシーと呼ばれる研究チームです」
「つまり、そのチームが死者を蘇らせる研究をしている、と? そんなことができるのですか?」

 リーチの疑問はもっともだ。
 フラムにだってまだ信じきれていない。
 しかしインクの心臓の代わりとなり、生命活動を維持していたことを考えると、死者を蘇らせることだってできる。
 そんな気がする。
 もっとも、蘇生した人間はもはや元とは別の生命体と化すわけだが。

 続けて、フラムは教会が用いるオリジンコアと呼ばれる水晶体についてもリーチに話した。
 それをモンスターや人間に埋め込み、奇妙な力を用いる化物に変えること。
 先日、王都で見つかった手足が増殖した変死体は、その被害者であること。
 そして、オリジンと呼ばれる力には“意思”があり、フラムが狙われていることを――

「私の想像を、遥かに超えていました」

 話を聞き終えたリーチはそう言うと、手で顔を覆った。
 頭が混乱しているのだろう。
 再起動するまで、フラムは黙って彼を待つ。

「……しかし、今まで教会は研究を隠してきたはず。だというのに、なぜサティルスは堂々と外を出歩いているのでしょうか」
「焦っているか、もしくは外に出すこと自体が何かの実験、だとか?」
「それなら、サティルスほど目立つ人間を選ばなくてもいいはずです。もしかすると、彼女を殺したフラムさんをおびき寄せるための罠なのかもしれませんが……」

 だとしたら、恐るべき狡猾さだ。
 しかし、昨日フラムはサティルスの屋敷を訪れたが、以降、教会からは何のアクションもない。
 罠だとしたら、とっくに追い詰められているはずなのだが。

「教会の意図が、ぜんぜん読めないです」
「ええ。一つ言えることは、フラムさんも含め、出来る限り今のサティルスには近づかない方がいい、ということだけでしょう」

 情報交換を終えても、蘇った彼女の目的はわからずじまい。
 リーチは仕事があると言うことで、その場は一旦解散となった。



 ◇◇◇



 ――慣れないことをしてしまった。
 思い出すのは、ティアの好物を買うために店に並んだときのこと。
 恥ずかしい思いをしてまで、誰かのプレゼントを買うのは、あれ以来である。

「ケレイナとハロムが喜んでくれるといいんだがな……」

 ケーキの入った小箱を手に、帰路につくガディオ。
 彼だって気づいているのだ。
 いつまでもティアとソーマの死に引きずられてはならない、と。
 ガディオに自分の幸せを掴んで欲しい、彼女たちならそう望むだろう。
 しかし、最大の問題はガディオ自身が納得できるかどうか。
 最愛の女性や親友、仲間たちを見捨てて逃げた臆病者――そんな自責の念を捨てきれない限りは、前には進めない。
 それでも、少しでもケレイナとハロムの期待に応えることができれば。
 無理をして買ったケーキには、そんな想いが込められていた。

 門の前に立つ。
 柄にもなく緊張しているガディオは、「ふぅ」と息を吐いた。
 そして玄関へ向かい、屋敷に入ろうとしたその瞬間、内側からドアが開く。

「はぁ……はぁ……ガ、ガディオ、やっと帰ってきたの!?」

 彼を迎えたのは、青ざめた表情のケレイナだった。

「ああ、ハロムにと思ってケーキを買ってきたんだが」
「あ、ありがと……でも、でもっ、それどころじゃないの!」

 その様子は尋常ではない、ハロムの身に何かが起きたのだろうか。
 ケレイナは腕を引いて彼をどこかに連れて行こうとしたが、「あ……」と声を上げてその場で立ち止まる。
 ガディオは彼女の視線を追い、その先に立つ人物を見て――同じく、凍りついた。

「おかえり……ってそっか、この場合は逆だよね」

 彼女は、ガディオの記憶と遜色ない、明るい声で言った。

「ただいま、ガーくんっ」

 満面の笑み。
 重なる。
 六年前、彼を逃がし、命を落とした、誰よりも愛おしい女性の顔と――ああ、いや、重なるどころではない。
 全く、変わっていない。

「ティア、なのか?」

 見間違えるはずがない。
 少なくとも彼女に関しては、ガディオは一瞬たりとも、その顔を忘れたことなどなかったのだから。
 しかし、だからこそ戸惑う。
 なぜ――ありえない――

「もちろん! どっからどうみてもあたしだよ。ガーくんの相棒兼奥さんの、ティア・ラスカットですっ」

 そんな、馬鹿なことが――
 喜ぶよりも前に、頭が真っ白になった。
 確かに彼女が死んだ場面を、自分は見たはずだ。
 なのに、なぜか、ティアは生前と変わらぬ姿で、そこに立っている。
 異常だ、受け入れてはならない光景だ。
 警告する、警告する。
 冒険者として鍛えられてきた理性が近づくなとけたたましく音を鳴らす。
 しかし、そんなものを吹き飛ばす歓喜が、時間差でガディオの頭の中を埋め尽くしていった。
 その手から、ケーキの入った小箱が落ちる。
 気づけば彼は、ティアの体を力いっぱい抱きしめていた。





「「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く