異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜

神野猫夜

悩み事

僕は異世界人とばれて、占い屋をでた。
驚きと戸惑いが、いっきに来た気分だった。歩いているとギルドにたどり着き、そこにはマクリさんたちがまっていた。
『おっそーい!早くクエスト行くよ!』
【ご主人様おかえりなさいませ】
(あ、うん)
僕はさっきのことや、昔の事を言うか迷っていて
曖昧な答えをしてしまった。
『ハクくん、大丈夫?』
(あ、うん。大丈夫、大丈夫。どんなクエストがあった?)
今は考えないでおこう。
『あのねー、ギガントジャイアントなんてどうかな?』
(その、ギガントジャイアントってどんな奴?)
『高さが2.5mくらいのオークの、人に近いバージョンかな?』
よくわからないが、いってみるか。
(マクリさんがそれでいいなら行こうか。)
僕はそれから準備をして、ギガントジャイアントが住む、大樹林に行き先を決めた。

「異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く