異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜

神野猫夜

二刀流誕生!

魔法陣の紙を額に貼って、20分くらいした時だった。マクリさんの体から光る泡がでてきた。その泡はすぐに割れとても幻想的だった。泡に見惚れていると、黒千が話しかけてきた。
【精霊化に成功しました。マクリさんはもうすぐ起きると思いますから、刀の準備を。】
僕は頷き、刀を見ているとマクリさんが目覚めた。
【では、刀に封印します。マクリさん刀の中央に手を当て、目を閉じて下さい。】
急に声を掛けられて、驚きながらもマクリさんは、刀に手を当て目を閉じた。手から光が出てマクリさんの手の中へ刀が入っていった。
【封印も成功です。マクリさんは、精霊となり刀に封印された事で、この世界にとどまる事ができるようになりました。】
それを聞いた僕は涙が止まらなくなった。
それを見たマクリさんは、僕を抱きしめて
『ごめんね、心配させて。私年上なのに、、、』
それを言うとマクリさんも、泣いた。



数時間経った。
僕とマクリさんは、目を真っ赤にしていた。
今マクリさんは、黒千から色々聞いているらしい。湖で顔を洗っていると、マクリさんが
『私は精霊になったから、ギルドカードが真っ白になっちゃった。妹や弟、ギルドにはなんて言ったらいいかなぁ?』
(なんとかなりますよ。きっと)
この後ギルドに返って説明したら、二時間弱かかりました。そして、二つ名を貰った。


"黒・炎刀使い  のハク"


貰った時はちょっと恥ずかった。

「異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く