異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜

神野猫夜

朝早くに目が覚めてしまった。隣でマクリさんはスヤスヤ寝ている。
(朝ごはんでも買ってこようかな。)
僕は、近くのお店でサンドイッチらしきものを買った。宿に帰るとマクリさんが準備をしていて、5分ほど待っていたら、
『待たせてごめんね。さぁ朝ごはんでも食べようかな。』
2人でサンドイッチらしきものを食べ、ギルドに行った。今日のクエストは、東の森で怠けゴリラ2匹討伐だ。怠けゴリラは、草をよく食べ近隣の農家がよく困っているれしい。攻撃するとすぐに怒り攻撃してくるという魔物だ。準備を手短にして、東の森まできた。
森の入り口らへんには、数体のオークがいたが楽勝で勝てた。休憩をしようと近くにあった湖に来てみると、刀が刺さっていた。いやまじで、いかにも伝説の剣だ!って言わんばかりに。鑑定をしてみると、


爆炎刀 ばくえんとう
装備すると、炎の付与が付き丈夫で扱いやすい武器。精霊が付いていないため、装備すると攻撃力は半減する。
製作者不明


鑑定結果を見ていると、黒千がいきなり念話をして来た。
【これは私たちスピリコア5刀の一つで、4女です。元の精霊は、離れてどっかに行ってしまったのでしょう。】
(精霊を付け直すことは出来るの?)
【今は不可能です。】
(わかった。ありがとう。)
一様持っておこう。
昼ごはんを食べまた、森の奥にすすむと怠けゴリラが、三体もいた。
『ハクくん、三体いるけどやれる?』
(大丈夫ですよ。)
久しぶりに、表裏一体を使って攻撃すると、たった三撃で倒れた。
『やっぱりハクくん強いね。早く帰って夜ご飯食べよ?』
マクリさんがそういった瞬間、、、
マクリさんは、吹っ飛んでいった。
(マクリさん!)
『大丈夫だから、早く怠けゴリラを倒して。』
そう、マクリさんを吹っ飛ばしたのは、木の裏に隠れていた怠けゴリラだった。 僕はそいつに怒りを込めて切りつけ倒した。
僕はマクリさんに近づき傷の状態をみた。肋骨は粉々になり、横腹からは血が大量に出ていた。
マクリさんは、僕の心配そうな顔を見てこう言った。
『もう私は助からないかな、、、私ね、ハクくんと冒険できて嬉しいかったよ?はじめてももらえたし、ただ心残りはハクと結婚してない事かな。』
(まだ助かるかもしれないのにそんなことを言わないでください。)
僕は必死に、手でマクリさんの横腹を押さえた。でも血は出てくる。
『もういいからね?』
そういってマクリさんは、どんどん冷たくなっていった。僕に力があれば、、、、そう思っていたときに、黒千から念話が来た。
(なんだこんな時に!)
【マクリさんが、助かる方法があります。】
(ほんとう!?)
【はい】
(どうすればいい?)
【マクリさんを*****すれば良いのです。】
(は!?)
僕は驚きがかくせなかった。

「異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く