異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜

神野猫夜

メザル帝国

馬車に乗って揺られる事丸2日、道中モンスターが出たけどなんなく倒した。
(次の街はどんな所ですか?マクリさん)
『私も、一回くらいしか来たことないけどメザル帝国って言うの。メザルには、王様が居てメザル・クリス・ファートが今の王様なのよ』
マクリさんは、馬を操りながらわかりやすく説明してくれた。ふと外を見ると、大きな壁とお城が見えた。
『検問あるから降りる準備をしてね』




検問所に着くと水晶に手を当て、罪を犯してないかを見てギルドカードを提示してメザルに入った。
『まず、宿を探しましょうか。』
(宿を見つけるの大変じゃないですか?こんなに広いのに、、、)
マクリさんにそういいかえすと、
『ギルドの定員に聞けばいいのよ』
そうか、その手があった。
ギルドは、見つけやすく簡単にわかった。
中に入ると、冒険者が、20名ほどいた。そんなのにも気にせずマクリさんは、カウンターまで急いだ。
『あの〜この辺で安い宿はありませんか?』
【ハイ、このおお通りを左に曲がって西区のところに宿屋  春   という宿屋が、いいかとおもわれます。】
『ありがと』
マクリさんは、宿の位置を聞いて帰ってきた。
『場所を聞いたし、行きましょうか』
(はい!)
やっぱりマクリさんは大人だなぁーと思った。

「異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く