異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜

神野猫夜

ファーストキス

朝起きると、お腹に毛布がかけてありマクリさんが料理をしていた。
『お、起きたのね。朝ごはんはもうすぐ出来るからちょっとまっててね』
ちょっと顔が赤い。
(ありがとうございます。)
それからものの5分で朝ごはんは出来た。
(あの、カレンちゃんやモクレン君はどこに?)
『もう仕事に行ったわよ?早く食べて私たちも、ク、クエストに行きましょ!』
昨日の話は嘘じゃないんだ。
そう思ってご飯を食べた。

(ごちそうさまでした。)
『準備が出来次第いきましょ』
ギルドに行き、クエスト受けた。
ゴブリンを10体倒すくらいの簡単なクエストと、採取クエストだ。
昼前から始めたが、夕方には帰ってこられた。
ソファーに寝転がっていると、声が聞こえてきた。
【ご主人様今暇でしょうか?】
え?どこから声が聞こえてきた?
【これは念話です。私とご主人様は契約しているのでできます。返答するときは心で思いながら返して下さい。】
(わかった。)
見様見真似でやって見たが、出来たらしい。
【私のスキルに関してなのですが、私は闇の属性を持っていますので、私に魔力を注ぎこめば色んな事ができますよ?】
(ごめん。僕にはそれができないんだ。スキルのせいでMPが半分なんだ。)
【なら私から提案があります。】
(なに?)
【契りを結んで下さい。キスでいいので。】
(なんで!?そんなことするの?)
【私だって恥ずかしいですよ。えっと私の魔力の流れと、ご主人様の魔力の流れを合わして、魔族や魔物を切った時に私が魔力を吸いご主人様様に分け与えるという方法です。】
(そんなことができるんだ。)
【では行きます!】
(待ってまだ心の準備が、、)
黒千は、人間の姿になりその妖艶な姿には逆らえず僕のファースキスの相手は、黒千になった。
【私のファーストキスはどうでしたか?】
ワァーストキスだったんだ、、
(よくわからなかった)
【これからもよろしくお願いします。】
その後は衝撃でよく覚えてない。

「異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く