異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜

神野猫夜

宿??

黒千刀を装備すると、HPが減ってくのがわかった。
『本当に大丈夫?』マクリさんが、心配そうにこちらを見ていると、黒千刀の刃が銀から、濃い赤に変わった。
(まるで、血を吸ったみたいな色だ、、、)
それから5分しないうちに体に、馴染んだ。
(マクリさん、もう大丈夫ですよ。脱力感とかは消えて体に馴染みました。)
『わかったわ。無理なら、ちゃんといってね。』
そんなやりとりをしているうちに夕方になっていった。
(マクリさん、この辺でいい宿はありませんか?)
僕が、そう言うと、
『あるわ、付いてきて。』
そういうと、マクリさんと僕は歩き出した。



『ここよ』
(ここですか!?看板らしき物はないですけど。)
マクリさんは、笑いながら答えた。
『だって、私の家だもの。宿なんてお金の無駄だから、うちに連れてきたの。』
(いえそこまでしてもらうのは、ちょっと)
『いいから入って』
後ろから押してきたマクリさんの顔は、幸せそうで、家の中に入ってしまった。

「異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く