異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜

神野猫夜

お昼

買取屋の前にマクリさんがいた。
『あ!やっと来た。』
買取屋に入ると、柵ごしに女性がいた。
[今日は、どんなコアを持ってきたの?]
(オーク亜種のコアと、スライム、ゴブリンです。)
[ちょっとまってね。]
女性は奥に入っていくと、すぐに来た。
[銀貨4枚、銅貨二枚ね。]
僕は、貰った銀貨4枚のうち2枚をマクリさんに渡した時、、、お腹が鳴った。
『うん、うん私もお腹減っちゃった。』
(どこか、美味しい店ありませんか?)
『なら、名産の小麦を使ったパン食べよう!ほらほら、いくよ!』
そう言って手を握って走りだした。
2分くらい走った時マクリさんは、止まった。
『この店だよ!ちょっと待っててね』
そういうと、マクリさんは店の中に入っていった。
ちょっとしたら戻ってきて、コッペパンらしい物をくれた。
(お金はらいますよ?)
『私お姉さんだよ?このくらいは、払わしてよね』
(ありがとうこざいます。)
『この後ハク君どうするの?』
(武器屋に行こうと思ってます。)
『ふ〜ん、私道案内してあげるよ。』
(ほんとですか!?ありがとうございます。)
『食べ終わったから、行こっか』
(はい!)

「異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く