異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜

神野猫夜

魔法

『そこの冒険者さん?手伝って!』
(わ、わかりました。)
『私、火の魔法使えるんだけど演唱するから時間稼いで!』
(わかりました。時間稼げばいいんですね?)
僕はオークに斬りかかった。
オーク亜種は、力いっぱい斧を振り回してきた。
(あれ?スローモーションみたいに、剣筋が見えたる!これは、女神の愛のスキル効果かな?)
そんな事を言いながら、オーク亜種の攻撃を避けながらちょこちょこ攻撃していた。
『すごい、、、一回も当たってない。』
(あの、、まだ、、です、、か?)
『今、終わったわ。ファイヤーボール!!』
オーク亜種に向かって、火の玉が飛んだ。
『どうよ!』
オーク亜種は、燃えているけどまだ、HPがまだ40ほど残っていた。
『嘘!?』
(もう一回ファイヤーボールうてませんか?)
『ごめんなさい。道中魔物に襲われた時使ってMPが足りないの。』
(わかりました。こっちでなんとかします。)
『なんとかするって、どうやって!?』
(僕にはエクストラスキルが、ありますから。)
そう言って僕は、表裏一体を使った。

「異世界転生〜女神から貰ったスキルは表裏一体でした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く