僕は彼女に脅迫されて……る?

ハタケシロ

第14話 そうだ、カラオケに行こう!

ゴールデンウィークも最終日。
最初こそ出かけはしていたものの、大半は特に何もすることが無く、家で過ごすことが多いゴールデンウィークだった。
まぁ、部屋で過ごしていた方がなぜか疲れ具合が半端じゃないんだけどね。
麗華さんと橘さんが四六時中一緒にいるのは、嬉しい部分3割、(そりゃ僕だって男だ。こんな美少女2人が四六時中一緒に居るのは嬉しいに決まっている)とにかく疲れるが8割と、すでに割合がおかしいことに気づけてないくらい疲れた。

だからと言ってなのか、この鬱憤を晴らすべく、今日はカラオケに来ている。
密室空間を選んでしまった数時間前の僕を今、全力で恨んでいるところさ!

「太陽くん。お金がないからってこんなホテルではなく、カラオケなんていう密室空間に連れ込むなんて意外と大胆ね」

「違うよ?麗華さん。今日僕たちは普通に、そう!普通に!歌いに来たんだからね?」

「ねぇ!ご主人様!カラオケって料理も食べられるのね!防犯カメラもないみたいだし、にょたもる?」

「んー。どう考えたらにょたもるっていう発想になるか分からないけど、料理は頼めるよ」

始まってそうそう、いや、部屋に入ってそうそうこの有様だ。僕は生きて帰れるのだろうか。

なぜ、フリータイムにしてしまったのだろうか?
いや、確かに途中退出してしまえばいいのかも知らない。けれど、学生である僕は、お金がないのもあるし、庶民だからせっかくなら最後まで居たいという気持ちもあるから帰ろうにも帰れない。
こんな時にケチケチ精神が働いてしまう。

「というか橘さん、カラオケ来たことないの?」

「だって私、友達居ないし、一人で来る気にもなれなかっし」

やばい。また僕は地雷を踏んでしまっていたようだ。
僕のバカ!

「んん。麗華さんはある?」

「私もないわ。家にあったし、わざわざ行く必要がないから」

こっちはこっちで住んでる世界が違いすぎて、すごい。家にカラオケがあるなんて。最近は家向けのもあるなんて聞くけど、麗華さんの場合は、部屋ごとなんだろうな。

「でも、カラオケって意外といいところなのね。防音だし、外からじゃ中の様子があまり分からないし、それにソファもフカフカだし。最近のカップルがカラオケボックスでセック」

「麗華さん!それ以上は言わないで!」

「……!まさかご主人様……。今日私たちをカラオケボックスに誘ったのってそれが狙いで……?……だめよ。私。ご主人様の命令は絶対なのだから。拒否権なんてないんだから。ご主人様のしたい場所、したいプレイを私は命令のままにやればいいのよ!」

「違うから!さっきも言ったけど、普通に歌いに来ただけだから!だからそんなに僕を怯えた表情で見ないで!」

どうしてカラオケボックスに入っただけで疲れるんだ!
というか、歌を歌うどころか、また選曲すら出来てないなんて!
ちょっと飛ばしすぎだよ!麗華さん!橘さん!

「太陽くんは、カラオケには来たことがあるの?」

「あーえーと、僕は一応来たことがあるんだけど、家族でしかないね」

悲しいかな。僕も友達と来たことはまだ一度もない。
まさか、初めての家族以外のカラオケがこんな美少女2人となんて考えもしなかったよ。

「じゃあ初めて、なのね!」

「え?う、うん。まぁ、そうなるかな?」

なんか麗華さんが初めてなんて言うとニュアンスが違うせいか、変なことを想像してしまう。
しょうがないじゃないか!僕だって男の子なんだから!

「と、とにかく歌おうよ。せっかく来たんだしさ」

入って数十分。
ようやく僕はこのワードを言えた気がするよ。
世の他の高校生はこんな思いをしてまでカラオケに来てるのかな?
普通に尊敬するんだけど。

「じゃあ、太陽くん!どうぞ!」

「え、僕から?」

「私もご主人様の歌声聞きたい」

……どうしよう。
歌う気ではあったんだけど、まさかトップバッターを務めることになるなんて思ってもなかったよ。
場があんまり盛り上がってない時に歌うのってやなんだよね。
家族でしか来たことがないからかもしれないんだけど。

「じゃあ僭越ながらトップバッターを努めさせてもらうよ」

僕はそう言うと曲を選ぶために、選曲機と呼べばいいのか、タブレットが少し大きくなった版の選曲機を取る。
最近のはタッチ操作がしやすいんだね。
僕が来た時はタッチがあまり反応しなかったから、なんか感動だよ。

僕が何にしようか迷っていると、横でそれを見守っていた麗華さんがずいっと画面を覗き込んでた。

「デュエットって、二人で歌うやつのこの?」

「そうだと思うよ。歌ったことがないから分からないけど」

「じゃあ、これにしましょう!太陽くん!私と一緒に!」

「ちょっと待ちなさい!麗華華麗!そうと言うのなら最初は私とご主人様にしなさい!」

「あら、奴隷ごときが主に逆らう気なの?」

「私のご主人様は太陽さまだけよ……!」

バチバチと視線をぶつけ合い、火花を散らすふたり。
まさかこんな事でケンカになるとは。
本当に世の高校生たちはどうやってカラオケを満喫してるんだろう?
部屋に入ってからさぁ歌おうかとなるまで数十分。
よし、歌うぞとなったはいいもののケンカ勃発。
こんなことを毎回他の高校生はやってるの?
最近の高校生って凄かったんだね。
だって3人じゃなくてもっとたくさんで行く時もあるんでしょ?すごい。凄すぎるよ。

まぁ、そんな事より、今はこの2人をどうにかしないと!

「落ち着いて!麗華さん!橘さん!」

「落ち着いて居られないわ太陽くん。すごく大事なことよ。これは」

「そうよ。ご主人様。これは譲れないわ」

どうして2人はこんなにもいがみ合っているのだろう?
カラオケって楽しくワイワイするところだよね?

「どっちとも歌うから!それでいいでしょ?」

僕がそう言うと、互いに睨み合っていた2人が僕に振り向き

「「どっちが最初?」」

と聞いてきた。

「えーと、それは……」

2人の迫力に負ける僕。

正直どっちからでもいいんだけれど、そんな事を言ってしまったら火に油を注ぐことになるのは明白だなー。
僕的には順番はどうであれ、こんな見た目はすごく美少女の2人とカラオケに来れて、なおかつデュエットできるなんて嬉しい限りなんだけど。

「じゃあ3人で歌おうか!」

悩みに悩んだ挙句、僕は3人でという提案をした。
しかし、この提案には2人とも乗れないみたいで。

「それはできないわ」

と否定されてしまった。

「どうしてかな?」

とりあえず理由を聞く僕。
3人なら公平でいい気もするんだけど。

「それはね太陽くん。マイクが2本しかないからよ」

致命的ミス!
そうだったー!!
マイクは2本しかないんだった!

「太陽くんの聖剣も合わされば3本ね……。3本で攻められたらどうにかなっちゃいそう……(/ω\)」

「ねぇ!今なんて言ったの?なんて言ったの!?」

顔を隠しているけれど、麗華さんよからぬもっと言えば破廉恥なことを考えたよね!?

「問題は最後の1本であるご主人様の逞しい聖剣をどこの鞘に納めるかね。上下後ろ……ご主人様の変態…!!」

「ねぇ!何を想像したの!?一体何を想像したの!?橘さん!僕のどこに変態の要素があるの!?」

ダメだ……もう僕にはこの2人を止めれる力がない。
助けてドラ〇もん!この2人を止めれるひみつ道具を出して!

「じゃあ、あの、2人で歌うのはどうかな?」

照れ臭っている麗華さんと、僕を汚物みたいに見てくる橘さんに、マイクを渡しながら提案する。
僕が歌わなければこれで解決。

「あの……。橘さん?できればそんなに遠ざからなくても」

僕がマイクを渡すために近づこうとすると、スっと1歩橘さんは下がる。
1歩近づくと、1歩下がる。
うん……想像の僕に何かされたみたいだ!
すごく嫌われてるぞ!
僕何もしてないじゃん!

「ごめんなさいご主人様……。頭では分かってるんです…。このご主人様は悪くない、いい人って!けど、けど!身体が……身体がどうしても強ばって、ご主人様を拒否するかのように避けちゃうんです!」

「うん……なんかごめんね?想像の僕がやらかしたみたいで」

なんだろうこの、映画とかでよくあるクライマックスに向けて仲間を説得する時に、言われるようなセリフは。
勝手に想像して、被害を受けるなんて僕はどうしたらいいんだろう……。
実際の僕なら橘さんには何も……しないかもしれなくないのに。
だってしょうがないじゃないか!男の子なんだから!

気を取り直して、マイクを受け取ってくれた麗華さんに聞く。マイクを受け取ってくれることがこんにも素晴らしいことだなんて、僕は知らなかったよ。

でも、麗華さんは受け取ったマイクをコトッとテーブルに置くと、

「私はいいわ」

と言って断られた。

「え、どうして?」

「だって私は太陽くんと歌いたいんだもん」

どうでもいい話なんだけど、女の子がもんって言うと、すごく可愛いよね!

「え、でもそれだとケンカになっちゃうし」

幸か不幸か、2人とも僕と歌いたいからケンカをしてくれている。
僕を取り合ってケンカなんて、なんか照れくさいけど、素直に嬉しい。
けど、この状況で僕が麗華さんと歌うと、猫みたいにウゥと低く唸っている橘さんが襲ってくるかもしれない。
だから、OKって言いたいんだけど、ここは平和のためにOKだなんて言えない。

「どうしてそんなにも僕と歌いたいの?歌いたいんなら順番も関係ない気がするけど」

自分って言ってて恥ずかしいけれど、聞かなくちゃいけない。
平和のために。

「太陽くんと歌いたいのは当然じゃない!彼氏なんだもん!私の!それに、太陽くんの初めてはなるべく全部私がもらいたいなって……」

…………。

どんだけ可愛いんですか!
この人は!
普段あれな発言をしているとは思えない程の可愛いさだった!
あれ?なんだこれ?胸がドキドキと……

「だから私の初めてもあげるわ!もちろんこの初めてって言うのはセック」

「それ以上は言わないでぇえええ!!」

チクショー!!
台無しだよ!麗華さん!!
せっかくいい感じだったのに!!
思えば今のドキドキもアレな発言をしないのかハラハラしてたドキドキだったんだね!

どうしよ……一曲も歌ってないのにもう喉がガラガラだよ。

「ごめん……ちょっと喉が乾いたから飲み物持ってくるね」

喉の乾きと、ガラガラ具合いと、とりあえず休憩したかった僕はひとまず、この場をさることに決めた。

「じゃあ私も行くわ」

「私も」

そして、当然と言わんばかりに2人も付いてきた。
うん!休憩できないね!



カラオケの素晴らしいところって、歌が歌い放題のところと、ソフトドリンクバーがあることだと僕は思うんだよね。

目の前に広がるのは多種多様な飲み物。
炭酸系に、コーヒ系、ジェラートまであるし、ソフトクリームもある!
最近のカラオケってすごい!

僕が目をキラキラさせながら何を飲もうか迷っていると、

「うーん。ソフトクリームは白なのはいいけど、身体に付けたら溶けちゃうわよね?どうしようかしら?」

と、麗華さんの独り言が聞こえてきた。
ツッコまない。ツッコまないぞ!
ソフトクリームをどういう用途で使うのか気になるけど絶対ツッコまないぞ!

「このガム・シロップって使い方によってはローションになったり……ご主人様の変態!!私の身体が甘いからって舐め回すなんて!」

橘さんの独り言も聞こえるけど、ツッコまないよー。
それにしても橘さんの想像力は逞しいね。
想像上の僕がまた何かやらかしたみたいだし。

僕が2人の独り言を全力でシカトしていると、

「あれ?太陽じゃん!」

と、声をかけてきた人物が居た。

僕のことをファーストネームで呼ぶ男友達なんて

「太郎!」

悲しいかな。太郎しか今のところ居ないんだよね。

「どうしてここに?」

「いや、咲月のやつがカラオケに来たいって言うからよー連れてきたんだ」

「え、そうなんだ。よく来たね。ここのお店県外なのに」

新幹線を使って1時間ってところにある場所なんだけど、よく来たなー太郎。

「咲月と一緒にカラオケに居るのを学校のやつらに見られるわけにはいかないからな。それより、太陽もよくこんな場所まで来たな」

美少女2人と居るのを見られるわけにはいかないからね。
風当たりが強いのに、また、強くなっちゃいそうだからね。

「まぁ、色々あってね」

「そうなのか。って、お前!私服着てて誰かは分かんないけど美人だなーって思ってた2人組が華麗ちゃんと橘ちゃんじゃねーかよぉおおお!」

ちっ、気づきやがったか。

「コノヤロ、俺とかに見られないためにここまで来やがったなー!どうせ最後までいるんだろ?帰りは一緒に帰るぞ!」

「うん。分かったよ」

この際、太郎と帰った方がいいだろう。
前園さんも居るんなら麗華さんと橘さんも大人しくなるだろうし。

「うんじゃな!また後で」

「うん。じゃまた」

太郎と別れ、再び飲み物を選んでいると、ギュッと袖を掴まれた。

「誰と話していたの?」

そこには、目を光らせてはいるものの、一切笑いの表情がない麗華さんがいた。

「た、太郎と話していただけだよ!」

「なーんだ。辰巳くんと話してたのね。どこかの泥棒猫と話しているのかと思ってストローを軽く凶器に変えてたところだったのよ?でも、まさか辰巳くんと会うなんて偶然もあるものね」

しれっと恐ろしいことを言わなかった?麗華さん。

「となると咲月も一緒なの?」

「うん。そうみたいだよ。帰りは一緒に帰ろうって誘われたからOKを出したんだ」

「そうなんだ!分かったわ!」

ようやく笑顔になって麗華さん。
冷や汗が止まらなかったよ。

「誰と話しているのかと思えばご主人様唯一の友達の辰巳と話してたのね」

「そういうことは言わないで橘さん。ナイーブは問題だから!」

「僕は彼女に脅迫されて……る?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー304881

    続きを読見たい

    1
  • アホの子は俺だ!

    続き早くよみたいwkwk

    2
  • ハタケシロ

    もうしばらくお待ちを!

    0
  • ノベルバユーザー225569

    更新まだですか?

    1
コメントを書く