僕は彼女に脅迫されて……る?

ハタケシロ

第5話 愛のスポーツドリンク

カンカンカンカンパタパタカンカンカンカン。

隣の新築アパートの取り壊し工事も終わったみたいで、今はまた何かを建て始めようとしている。

あの敷地に、土台の大きさから考えたらまたアパートかもしれない。やれやれ不動屋さんが考えるのは全く分からないよ。

「あ♡お帰りなさいあなた。ジョギングで喉乾いたでしょ?お水にする?それか、プロのくせに味がわからないっていうお茶にする?それとも……私の」

彼女の考えてることも僕には分らない。

「いや、スポーツドリンクがいいかな?」

僕は、冷静に冷静に言葉を返した。
この際、いろいろとツッコミたいところもあるけれど、気にしない。それが、彼女と付き合う中で大事なことだと最近知ったよ。

「うふふ♡そうだと思って、あらかじめ用意しておいたの」

そう言って彼女は、あらかじめエプロンのポケットに忍ばせていたのであろうスポーツドリンクを手に取り、渡して来る。

僕はそれを、どう見てもエプロンしか着てないなと思いつつ受け取る。

……ツッこまない。ツッこまないぞ!

「ありがと。じゃあ早速だけどいただこうかな」

彼女から受け取ったスポーツドリンクのふたを回し、開ける。
この時、僕は違和感を覚えた。
見た目はなんの違和感もないスポーツドリンク。
なのに、ふたを回すと違和感がある。

ふたを全て回しきり、ふたを取ったところで僕はようやく違和感の正体がなんなのか分かった。

そうか。新品ならふたを開けるときちょっと硬いから、少し力を入れるのに、このペットボトルに関してはまったく力を入れてない。

見た目からして新品だと思ってたから感じた違和感だったんだろうね。このペットボトルはいつの間にか一回開けてたんだね。

ペットボトルの縁を口につけながら僕は、先入観は物事をそうだと最初に思っちゃったらそうだとしか思えなくなるんだなーと思いつつ、ゆっくりとスポーツドリンクを飲む。

「あっ、いい忘れたけどね?太陽くん」

飲んでる最中の僕に、彼女は言う。

「んぅ?」

飲んでる最中なので、僕は声にならない声で彼女に応える。

「それには……ね?私の………オ○ニーの時に出た、液体を入れたの」

「ブフォオぉ!!!」

含んでいたスポーツドリンクを盛大に吹き出した。

「あ、ちょ……太陽くん!何してるのよ……!ペロ……かかっちゃったじゃない!」

「ゴホゴホ!ご、ごめん!って違う!今、何を入れたって!?」

聞き間違いだと信じながら、僕は彼女に聞き返す。
どうか、聞き間違い……言い間違いであってくれ!

「だからね?私がオ○ニーして出た液体をね」

「頼むから!嘘だと言って!」

「嘘じゃないわよ?女の子がねオ○ニーをすると、身体の奥底か」

「そこについて言ったわけじゃないよ!」

「え?じゃあ何に対して言ったの?」

「麗華さんの言う事全部にだよ!」

「私だって○ナニーくらいするわよ!」

「やめて!これ以上玄関先でそんなこと言わないで!」

朝早い時間帯から女の子の、しかも美少女の口からあれな言葉を聞かされる身にもなってよ!ご近所さんから通報間違いなしだよ!

今の状況は、エプロン姿(裸エプロンではないと心の底から願ってる)の美少女1人と、汗だくの男子高生1人が玄関先で言い合ってる状況。誰がどう見ても僕が捕まること間違いなしだね!

「え?どういう風に、誰を想ってやっているのかって?」

「いや、聞いてない!聞いてないよ!言わなくていいから!」

「使うのは基本的に」

「やめてぇ!生々しいから、やめてぇ!」

「それで……誰を想ってやってるのかは、それは……もちろん……って何を言わせるのよ!この変態!最後まで言わせようとするなんて!」

「言っちゃてる!最後以外、重要なやつ99%言っちゃてるから!」

知りたくもない……いや、これには嘘があるけど。麗華さんの事情を聞いちゃったよ。

「麗華さんの言ってることが、全部嘘でありますように」

神に誓うように僕は呟いた。

「嫌よ。私はあなたに嘘なんてつきたくないわ」

「ちくしょう!全部本当なのか!」

一瞬。ほんの一瞬だけ、ある情景が僕の頭の中に浮かんだ。どんな情景が浮かんだのかは、残念だけど割愛するよ。

「それで、スポーツドリンクの味はどうだった?」

「せっかく忘れようとしていたのに!」

「男の子は女の子のアレの液体を飲みたいんでしょ?」

「違うから!中には居るかもしれないけど、僕は違うから!」

「ウィキペディア先生はそう言っていたわよ!」

「それ、ほんとにウィキペディア大先生!?ていうか、ウィキペディアにそんなこと書いてあるの?」

「なんでも、女の子のアレの……えーとま」

「言い直さなくていいから!分かるから!分かってるから!」

「でね、女の子のアレから出る液体には滋養強壮が入ってるかもしれなくはなくないかもしれないらしいわよ?」

「もう、わけが分からないよ」

色々なことにたいして、僕は訳が分からなくなった。




ジョギングから帰った朝の一連の流れを終えて、なんとか家の中に入った僕は、麗華さんに勧められシャワーを浴びることに。

ジョギングの後がめちゃくちゃ疲れるのは、なぜなんだろうね。

一緒に麗華さんも入ろうとしていたけれど、なんとか断ることに成功したよ。あと、スポドリかけてごめんね麗華さん。

ちなみにだけどペットボトルの中身はもったいないけど捨てたよ。

「まったく麗華さんは行動が意味不明すぎるよ」

ぶつくさといいつつ服を脱ぎ捨てる。
最近は、動くとすぐに汗をかいちゃうから服が水分を含んでいて重い。

「ふぅ。ん?なんだこれ?」

浴室に入ろうと取っ手に手をかけたら、扉に張り紙が貼ってあった。



【ここから先、日本国憲法は通用せず】




なんだろう……すごく嫌な感じがするし、怖いんだけど……。というか、怖い。怖いよ!

「麗華さん……だよね?これ、書いたの」

ゴシック体で丁寧に書かれてあるし、この家には僕と麗華さんしか出入りしてないことから、きっと麗華さんが書いた物だろう。

「まぁ、気にせず入ろう。気にしちゃダメだ」

いちいち気にしていたら、くたくたになっちゃうしね。もうけっこうくたくただけど。

釘で打たれていたら、取ろうにも取れないしね。

「ふぅ……」

ジョギングと、それ以外で疲れている身体に、程よいお湯が染み渡る。だいぶリラックスできているせいか、おじいちゃんみたいな声を出しちゃったよ。

「平日の朝は忙しいからシャワーしか浴びれないけど、お湯に浸かるのはやっぱりいいものだね。休みの日最高だ!」

そんなことを言いつつ、鼻歌交じりにお湯に浸かっていると、浴室に影が見えた。

「太陽くん。湯加減どう?」

影の正体は麗華さんのようだ。
まぁ、この家には今現在、僕と麗華さんしか居ないはずだから、当たり前なんだけど。

僕の借りているアパートの部屋の構造上、浴室はあるけど脱衣所はない。だから、麗華さんには、僕が入っている間、部屋に居てもらうようにお願いしておいた。そうしないと、着替えとか見られちゃうからね。

そんな彼女がなんで来たのか不思議だったのだけれど、湯加減を聞くために来たと分かって安心。麗華さんは前園さん同様気が利くんだね。さすが新入生代表。

「うん。いい感じだよ。わざわざお湯を張っていてくれてありがと」

僕がジョギングしている間に彼女がお湯を張ってくれていたから、僕はこうしてお湯に浸かることができている。僕一人だけだったら、いくら休みの日でもシャワーだけで済ますところだったよ。

「ううん。いいのよ。これは彼女として当然のことだし、将来の旦那さまのために……」

「ごめん麗華さん。最後なんて言ったの?」

ドア1枚を挟んで会話をしているせいか、いつも凛とした声の麗華さんの声はクリアには聞こえず、しまいには聞き取れなかった。

「なんでもないわ!それより」

ガチャリ。

と、ドアが空き、麗華さんが浴室にインしてきた。

「一緒に入ってもいい?」

そして、聞いてきる。

僕の目に映るのは、制服や、もちろんエプロンなんてものは付けていない、そのまんまの、素材本来の、生まれたままの姿の麗華さんだった。

あの時とは違う、何もつけてない状態の麗華さん。

スラリと伸びる脚に、ムチムチとしている太もも。恥ずかしいのか、秘部は手で覆っていていや、手を後ろに組み直して秘部はって!何を実況しているんだ!
くびれのある腰に、恐らく同年代になら負けていないであろう大きさの胸は、重力に逆らい宙に浮いているようにすら思える。先端は鮮やかな桜色で、白い肌に付いているそれは、雪の上に咲く桜のようって、だからなにを解説してるんだ!

つまり、お手本のような綺麗な身体をした麗華さんが僕の前に立っていた。

……うん。普通なら興奮して、襲っちゃうかもしれないシチュエーションだけど、僕はただただ、びっくりしている。人間、ほんとうに訳が分からなくなったり、どうして?って思うと、呆然とするのが分かったよ。麗華さんといると新たに知識が加わるから、僕は将来博士にでもなれるんじゃないかって違う!

違うよ!僕!ととと、とにかく落ち着くんだ!
何かをいえ!何かを言うんだ!

「いや、入って来てから聞くのは遅いと思うよ?」

違う!何かを言えって自分で自分に言ったけど、違うでしょ!僕!合ってるには合ってるけど!

……思った以上に動揺している。

「あっ、うん。そうよね。ごめんなさい」

若干頬を赤くした麗華さんが謝る。

「でも、入っちゃたらしょうがないわよね?」

「しょうがなくない!しょうがなくないよ!と、とにかく一回出て!すぐにお風呂に入りたいのなら、僕すぐに出るから!」

「ダメよ。太陽くん。それじゃ一緒にお風呂に入れないじゃない!」

「色々と問題があるでしょ!」

「それに関しては大丈夫よ。なんの問題もないから」

「え?」

「この空間は日本国憲法は通用しないから♪」

「あの張り紙はそう言う事だったのかー!」

「さぁ!一緒に身体の洗いっこをしましょう!あわよくば、その延長戦もやりましょうね!」

「洗いっこの延長戦ってなに!?」

「え?女の子である私からそれを言わせる気なの?この変態!」

「明らかに僕が変態でないことだけは確信できる!」

「まぁ太陽くんに拒否権は無いんだけどね。私の下僕なんだから♪」

「今それをいう!?」

「それに、彼氏彼女ならこれくらい、授業中に保健室でえ○ちをするくらい普通よ!」

確かに、彼氏彼女なら授業中に保健室で……いや、授業中に保健室は普通じゃない!けど、麗華さんの言う通り、彼氏彼女なら普通だ……と思う。本当の彼氏彼女なら。

「待って麗華さん。確かに彼氏彼女なら普通かもしれないけど」

「そうよね!」

「うん。本当の彼氏彼女ならね。でもさ、僕らの関係は……!」

「…………」

僕の言葉に彼女は黙り込んだ。

「普通の彼氏彼女ならいいと思うだ。けどさ、僕らの関係はそう言った彼氏彼女の関係とは違うじゃん?だから、こういうのは」

「若妻や、私の愛の液体が入ったスポーツドリンクを飲むのはいいのに?」

俯きながら彼女はいう。
どれが、セーフでどれがアウトかなんて僕にも分からない。けど、今のこの状況は違うと思う。
本心で彼女がしたいと思っているのならいいけれど、僕が彼女に弱みを握ってるのと同じように、僕もまた彼女の秘密を知っている。
彼女が僕にその秘密を言われたく無いがために、こんなことをやっているのならそれは違う。

「うん」

「嫌がる私を無理やり犯して、自分の欲望を果たしたのに?」

「うん。それはやってやってないよね?」

「そう……太陽くんは私とえ○ちなこととかしたいとは思わないの?」

当然したいと思ってる。
僕だって思春期の高校生だ。女の子のあんなことやこんなことの一つや二つしたいと思ってる。

「それは……その……うん」

それに、美少女の麗華さんにしたくないなんて思うわけが無い。

「なら、いいじゃない!」

「えぇ〜!!」

「太陽くんにその気持ちがあるのならOKよね?というかあなたの言い分なんて知らないわ。だって今この空間は日本国憲法は通用しないのも」

「日本国憲法とか関係ないと思うんだけど!」

個人の意思が関係あると思うんだけど!

「なんだ。太陽くんもそう思ってるんじゃない」

「違う!そういう意味じゃない!」

あれ?さっきまでシリアスな流れだったのに、シリアスな展開はどこに行ったんだ!?

「さぁ!まずは浴槽から出なさい!私が太陽くんを隅々まで洗ってあげるから!」

「待って!待って麗華さん!腕引っ張らないで!」

「何を言ってるの?今日は初めてのデートをするって言ったじゃない!まさか断るの?」

「デートは行くけど!」

「なら出なさい!デートの日は彼氏彼女はえ○ちしてからデートに行くって聞いたんだから!」

「たぶんするとしたら順番がおかしいと思う!」

この後、僕はなんとか浴室から脱出することに成功し、貞操を守ることが出来た。

「僕は彼女に脅迫されて……る?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く