吾田文弱のひとり言

吾田文弱

文弱のひとり言 7

明日は明日の風が吹く

今日は今日とて風は吹く

どのみちいつかは風が吹く

というより

風が吹かぬ日などなし

とどのつまり

明日やろうは馬鹿やろう

「吾田文弱のひとり言」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く