吾田文弱のひとり言

吾田文弱

文弱のひとり言 3

何と神妙な出で立ち

後光が神々しく光り輝き

見る者を圧倒するその様は

当に

神格化するに値する存在

ありがたや ありがたや

「吾田文弱のひとり言」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く