導かれし我が人生[ネオ自伝]

弘沢ネオン

新たな奇跡を起こす [隠居時代]

現在の僕は、48歳になり、精神的、身体的にも、健常者よりも健康です。

僕が、神化して、ふと消えて、伝説だけが残った、カウンセラーを隠居して、もう8年になります。


もう少しで、織田信長が本能寺で死ぬ前に歌ったとされる、人生50年がやってきますね。


僕が、白血病を発病してから、早、15年も経ちます。

発病当初は、5年が山と言われたもです。

それが、3倍の15年も経ってしまいました。

白血病は、20年前は、不慮の病、治らない病、ガンより危険だと言われていました。

でも、しかし、現在は、医学も進み、治らないとしても、亡くなる可能性が少なくなりました。

だから、15年生きただけでも、すごいんじゃないか!

それだけで、奇跡だと思う。


そんな僕が、この8年間を、平穏に生きているわけがありません。

またも、変動の人生になりました。

ここからは、その8年から現在までの話をしたいと思います。



「導かれし我が人生[ネオ自伝]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く