導かれし我が人生[ネオ自伝]

弘沢ネオン

神になった日[カウンセラー時期]

僕は、神になった。


一流のカウンセラーが集まった集会の当初、主催者の口から、発言されてしまった。

「遂に、ネオは、神になった!」

「自分の難病に自力で打ち勝ち、健康な身体を手に入れた。」

「まさに、今日、この地に、神が生まれました。」

「それほど、すごい事を、ネオはやってのけたんです。」

「みんな、ネオに拍手を」


主催者は、僕を、最大級に褒め称えた。


私は、嬉しさ反面、少し嫌な気持ちになった。

何も、大した人間じゃないし、神なんて、大それた事だと、


僕は、白血病の病から、薬に頼らず、治癒力で、体調を完治するまで、持ってきた。

99%完治させた。

そんな事を、主催者およびスタッフに打ち明けた。

 以前に話した時から、体調を気にしてくれた。

優しさが、嬉しかった。

そして、僕を讃えようと、褒め称えたんだ!


それ以来、名前が、ネオから、ネオ様になった。

僕は、そんな事は、望んでいなかった。

ある日から、僕が手をかざすと、病気が治ると噂が広まった。

更に、神格化が、進み出した。

僕を拝む人まで現れるようになった。

握手を求めてくる人も現れた。


僕は、行き場がなくなった。

そんな事は、望んでいなかった。


一年後、僕は、カウンセラー協会から姿を消し、

そして、伝説だけが残った。

「導かれし我が人生[ネオ自伝]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

  • 弘沢ネオン

    僕の半生のクライマックスになります。

    ここまで、登りつめたネオになるまでの奇跡を
    伝えます。

    なるほどになります。

    0
コメントを書く