導かれし我が人生[ネオ自伝]

弘沢ネオン

食べれば無くなる宝物[少年期]

僕の家は、近所で有名なボロ屋敷に住んでいました。

ダメな父のため、働いたお金を家に入れないで、自分の為に使うようなクズです。

家は雨漏りはするは、隙間風で寒いやら、ネズミが夜走り回るわ、冬は寒くてしょうがないほどだ。

だから、僕達、兄妹は、すごく苦労した。

学校の友達を家に呼ぶことが出来なかったです。

友達に家を紹介できないって、どんなに辛いことか、みなさん、想像できますか?

できないと思います。

だから、誕生日会もなければ、クリスマスもなかった。

家を飾ったり、パーティーみたいな雰囲気が一度でもしてみたいと、心の隅で、いつも思っていました。

誕生日にケーキもない、プレゼントもない、おめでとうと言ってくれる友達がそこにいない、寂しい気持ちになるんです。

そんな中、クリスマスの日に、母が、いちごのショートケーキを買ってきてくれるんです。

僕達、兄妹は、そのいちごのショートケーキを大事に大事に食べたのを思い出します。

このことを思い出すと、今でも涙が頬を流れてしまいます。

「導かれし我が人生[ネオ自伝]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く