導かれし我が人生[ネオ自伝]

弘沢ネオン

ヒロが歩けば、不良にからまれる [高校期]

僕は、高校になって、風貌が大人になった。

その為、風格が鋭くなり、目つきが鋭くなった。

 元々、人間観察が好きで、個性的な人を見ると、ガン見する癖があった。

だから、目つきが鋭くなった時、不良は個性があるから、ガン見してしまい、結果、不良にガンを飛ばしていることになるのである

そのことから、犬も歩けば、棒に当たる。の替え歌、

ヒロが歩けば、不良にからまれる。が生まれたのだ。


高校3年修学旅行でも、事件が起きた。

松島を観光中に、僕が歩いていると、地元の不良がガン飛ばされたと、僕に絡んで来たのである。

そのあとは、僕のフレンドリーさを発揮して、仲良くなり、喧嘩にはならなかった。

一緒にいた、普通の同級生は、いい加減にしてなと、僕に冷たくささやいた。

怖っ!

「導かれし我が人生[ネオ自伝]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く