導かれし我が人生[ネオ自伝]

弘沢ネオン

成長期[中学期、高校期]

人間の身長の成長って、欲しい時に、伸びなくて、気にしなくなったら、伸びるんですね。

僕は、小学4年から、ソフトボールを3年間やった。

背は小さかったが、足がめちゃくちゃ速かった。

セカンド兼リリーフピッチャーをしていた。

だから、中学に進学したら、野球部に入るつもりでした。

中学生になり、体験入部する際、迷う事なく、野球部へ行った。

すると、野球部の担当先生が、僕を見て、こう言った。

「君は、体が小さいから、野球部の練習には、大変だと思うよ。だから、他の部へ行きなさい。」と

自分は、意味がわからず、ただ悔しかった。

自分が、どれだけ野球が好きかとか、
どれだけ野球が上手いのかとか、
ただ体が小さいから、野球に向いてないと言われるなんて、あの先生、先生失格だよ!

信じられなかった。

僕は、放心状態で、何の部活に入るかも考えていなかった。

そんな時、友達が、バスケ部に興味あるから一緒に参加して欲しいと頼まれ、一緒に体験入部した。

すると、友達は、俺には向いてないわと言って、辞めていった。

そして、僕だけバスケ部に残った。

体が小さくて、背が小さい男子がバスケだなんて(笑)

だけど、バスケにはまった。

マイケルジョーダンにはまった。

ナイキにはまった。

真面目に、3年間、バスケをやった。

上手くなる為に、ゲロを吐くまで、走り続け、全部入るまで、スリーポイントシュートの練習を帰りを忘れて、ずっと、やっていた。

苦しさより、楽しさが勝ってしまっていた。

そんなバスケが終わり、高校へ入る前の身長は、163センチ。

バスケをやっても、背は伸びず、諦めた。

高校は、バスケではなく、バイトもできると思い、水泳部に入った。

すると、高1の春から夏にかけて、急に背が伸びた!

寝てる間、関節がきしんで痛かった。

僕は、163センチのチビ助、子供から、175センチの体も顔つきも、大人な男に成長してしまった。

その秋、本屋さんで、中学3年の同級生の女の子達に出会った。

僕をチビちゃん、チビちゃんと可愛がられていた女の子達。

男として、おそらく見られてはいなかったはず。

「ヤァー久しぶり。元気にしてた?」

すると、女の子達は、

「すみません。どちら様ですか?」

僕は、チビ助だよ!と打ち上げると

「すみません。どちらのチビ助さんですか?」

僕は、笑いながら、チビのヒロだよと教えた。

すると、女の子達は、みんな、僕を見上げて、

「うそ! あのチビのヒロくん!」

目を丸くして、驚いていた。


僕は、子供から大人に成長していた。


「導かれし我が人生[ネオ自伝]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く