導かれし我が人生[ネオ自伝]

弘沢ネオン

いたずら [中学期]

僕の生きた中学生の時代は、

生徒が喧嘩をするのが当たり前、
先生が悪いことをした生徒を、ぶん殴るのも当たり前、
生徒も、殴られる事をしたから、殴られたと納得してるのも当たり前、
いじめなんてする奴は、人間のクズだと思ってたのも当たり前、

今とは違う価値観が存在していた。


僕は、ある日、友達と理科室の掃除をしていた。

そこに、からかいがいのある理科の先生が現れた。

僕達は、先生が、理科室の奥の部屋に入ったのを見ると、外からカギをかけた。

中からは、開けれない。

そして、その場を少し離れた。

そのいたずらを知った体育の教育指導の先生に知られ、こっ酷くぶん殴られた。

でも、心の中は、楽しさが勝っていた。

「導かれし我が人生[ネオ自伝]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く