導かれし我が人生[ネオ自伝]

弘沢ネオン

自己破産、離婚、夜逃げ [少年期]

母は、父のことを嫌いになることが出来ない人でした。

だから、次男の僕が、話を進めることにしました。

母を説得させて、離婚させました。


そして、僕達家族は、真夜中、リアカーに荷物をのせて、密かに、家を抜け出しました。

これで、安心して眠れる、そう思いました。

これで、父の目を気にしなくてすむし、取り立て屋の恐怖から逃れることが出来た。

これから、新しい生活が始まる。

今までのネガティヴから、これからのポジティブへ

僕の気持ちは、晴れ晴れしていた。

新たな未来の始まりが始まる

「導かれし我が人生[ネオ自伝]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く