導かれし我が人生[ネオ自伝]

弘沢ネオン

アレルギー皮膚炎って、なに? [少年期]

僕は、赤ちゃんの時から、体が弱く、ぜんそく、そして、肌にいつもぶつぶつが出来ていました。

母と僕は、汗疹だと思い、汗疹に効く薬や塗り薬を探していました。

しかし、いくら薬を塗っても、全然、改善しないので、ふたりして、ずっと悩んでいました。

ももの葉っぱを煎じて塗ってみたり、漢方薬を飲んでみたりしました。

そして、社会人になってから、皮膚科に初めて行きました。

診察してもらい、先生の見解を聞くと、何と、びっくり!

この病気は、汗疹ではなく、アレルギー皮膚炎ですね。って

アレルギー皮膚炎って、なに?

今まで、苦労して、努力してきたのは、何だったんだ(笑)

無知って、なんて恐ろしいんだ!

小さい時に、ちゃんと皮膚科に受診していれば、こんなに長い時間、悩まなくて良かったかもしれないと思うと、涙が出てくる思いがしました。




「導かれし我が人生[ネオ自伝]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く