導かれし我が人生[ネオ自伝]

弘沢ネオン

ぜんそく [少年期]

僕は、小学3年まで、ぜんそくで運動を全く出来ない少年でした。

いつも、体育の授業では、校庭の端で、みんなが楽しそうに、走り回っているのを、羨ましく眺めていた。

高熱にうなされる時は、家の中を、半狂乱状態で、走り回っていた。

あんな苦しみは、もう二度と味わいたくないものだ。

あの苦い思い出は、これから先も、消えることがない、苦痛の記憶!


それも、小学3年二学期に突然、治ってしまった。

あれは、何だったんだろう。と、思ってしまうぼどの衝撃でした。

それからは、運動をしてこなかったと思えない ほどに、
毎日、運動して、毎日、走り回った。

今までの反動か、周りの男の子よりも、活発な少年に生まれ変わった。

そして、ジャイアン化し、ギャング団を作るようになる、



「導かれし我が人生[ネオ自伝]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く