導かれし我が人生[ネオ自伝]

弘沢ネオン

家が崩壊!危うく死にかける [少年期]

小学5年の時の話です。

僕の家は、当時、凄くボロいボロ屋敷で有名な家に住んでいました。

だから、お風呂はガスで沸かすものではなく、なんと、薪を焚べる五右衛門風呂でした。

学校が終わり、家に着くと、まずやる事が、薪を割る事でした。

薪を割るコツは、何だと思いますか?

腕力、スピード、そんなものではないですよ

正解は、タイミングです。

ナタを軽く両手で握り、両足を軽く開き、腰を少し落とし、ナタを上段で構える。
そして、軽く息を吐く。
目標を定めたら、イキヨイよく、ナタを振り下ろす。
パーン、って、音がしたら、そこには、綺麗に割れた薪が存在しています。

こんなこと教えても使う場所がないか(笑)


ある夕方、妹がお風呂に入り、僕が薪をくべて、お湯の温度を調節していました。

お風呂がある場所は、離れにあり、料理を作ったり、お風呂があったり、洗濯機があったりする場所です。

僕が、薪を座りながらくべていた、その瞬間、屋根の方から、ミシミシっと、音がしたら。

上を見上げた瞬間、渡り柱の大木が僕の頭の上に落ちて来た。

僕は、命の危険を感じ、咄嗟に母屋の方に、滑るように逃げ込んだ。

ダァーアァ〜ン!

目の前が煙で真っ白になっていた。

妹の声が、「お兄ちゃん、助けて〜」響いていた。

数分後、煙が無くなり、全貌が明らかになった。

離れの屋根が落ちていた。

妹の声が聞こえる。

生きている。

妹の声の方に駆けつける。

お風呂に守られて、妹は無傷だった。

僕は、妹を助け出した。


これが真実、僕の美化した記憶!

しかし、中学3年になった妹は、6年間も、僕が妹を置いて、逃げたと思っていた。

真実を話し、やっと、誤解を解いたことを思い出した(笑)

人の記憶というものは、視点や思い違いで、異なるものに変化しするものだと思い知ったのである。

「導かれし我が人生[ネオ自伝]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く