導かれし我が人生[ネオ自伝]

弘沢ネオン

ジャイアン [少年期]

小学4年のヒロは、ふたりの手下を引き連れて、ギャング団を結成していた。

ふたりの手下は、友達のヒロキとトンくんである。

秘密基地を作り、そこを拠点に、色々な事を楽しんでいた。

20世紀少年を初めて見た時は、自分の事を書かれていると、衝撃を受けたほどだ。

自分達の宝物を持ち寄り、自慢したり、貸しあったり、並べあったりして、遊んでいたものだ。

僕達、ギャング団の使命は、誰にも気づかれる事なく行わなければならない。

それは、スーパーでのプリンやヨーグルトの確保である。

確保とは、万引きの事である。

何度も何度も繰り返し、3件の スーパーをはしごした。

そんなある日、ある出来事が起きて、人生の分岐点だと、自分では思っている。

僕達が万引きをしていることが、ヒロキのお母さんの耳に入り、3人が呼び出された。

僕達を道路に正座させられ、大声で説教が始まった。

そして、おばさんの大福ビンタが炸裂した。

僕は、その時、初めて、万引きが悪いことなんだと思い知った。

それ以来、万引き、悪い事は、一切やった事はない。

中学生時代、万引きが流行ったが、自分はもう卒業していたので、やったり、同調したりする事はなかった。

あのビンタは、今でも、忘れられない出来事です。

「導かれし我が人生[ネオ自伝]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

  • 弘沢ネオン

    まだ、誰も見てくれないから、自分で自分を褒めてやる。

    1
コメントを書く