深淵の罪人と守り人の指輪

ノベルバユーザー133926

1話 いつもの日常

夏休みに入る前の、1学期最後の登校日。
俺は、毎日のようにダラダラと、学校に通っていた。
俺の名前は、佐久野裕馬さくのゆうまどこにでもいそうな普通の学生だ。
俺の隣に歩いている、黒髪にポニーテールの女の子が、
妹の佐久野美夜さくのみやだ。
一つ年下の妹だが、俺と美夜は血がつながっていない兄妹である。

俺は、7年前に家族で出かけている最中に、交通事故に遭ってしまったらしい。
らしいというのは、その時の記憶が一切覚えていないからだ。
覚えているのは、自分の名前と首に下げている、お守り用の指輪のことだけだった。
自分でもわからないくらいに、手放してはいけないと思うほど、大切なものだと心の中で思っている。
母親から渡されたのは、覚えているがなぜ渡されたのかは、覚えていない。
孤児だった俺は、母親の知り合いである佐久野さんに引き取ってもらえることになった。
「兄さん、今日で一学期も終わりで明日から夏休みですね。」
「ああ、そうだな。」
「夏休みに入ったら、どこかに出かけませんか?」
と美夜は、目を輝かせながら言ってきた。
「まぁ、たまにならいいけど..」
俺は、だるそうに答えると
「兄さん、夏休みだからって1日中寝たり、夜更かしばっかりしたらだめですよ。」
ジト目で、美夜は見てくるのであった。
「そ、そんなことないぞ」
説得力のない返事をしつつ、いつも通り学校への道を歩いていると
「ゆうく~ん待ってよー」
後ろの方から、叫びながら、走ってくる女の子いた。
「ゆうくんなんで先に、学校いってるの?」
と俺に問いかけてくる女の子は、家の隣に住んでいる綾瀬唯あやせゆいといい幼馴染だ。
「唯の家、チャイム押しても誰も出なかったから行ってると思ったんだけど」
「急いで用意してたんだよー」
半泣きになりながら言ってくる唯に
「はいはい、ごめんごめん次から気をつけるよ」
俺は唯に謝って3人でしゃべりながら学校に行くのであった。

この後、俺は夏休みが想像もしないことが、起きると知らずに

「深淵の罪人と守り人の指輪」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く