深淵の罪人と守り人の指輪

ノベルバユーザー133926

3話 銀髪の少女

俺は自分の置かれている状況がわからずに、森の中を彷徨っていた。
寝る前は、確かにベットに横になっていたはずなのになぜこんなところにいるのかと
唯一、分かったのはここは自分が元居た世界ではないということ。
何故なら、夜空を見上げるとそこには月が二つ暗い森を照らしていたからだ。
「月が二つっておかしいだろ...」
独り言をつぶやきながら森を、歩いていた。
その時だった。
木々の茂みの間から物音がした。
「だ、誰かいるのか?」
少し驚きながら声を茂みにかけてみると、返事が返ってこなかったが
現れたのは、狼のような生き物が俺を睨みつけて茂みから出てきた。
その姿は黒い毛に赤い眼という、いままでみたことのない生き物がそこにいた。
それに一匹だけではなく、次から次へと現れた。
おいおい、まじかよ。
五匹ぐらいの狼のような生き物に、俺は恐怖心を感じその場を逃げ出した。

一体何分間ぐらい走ったであろうか、ひたすらわからない森の中を走り回った。
俺の後ろの方には、狼のような生き物がおいかけてくる。
「はぁ、はぁ」
と息を切らせながら、限界を迎えてきたことを悟る。
やばいやばいやばい、捕まったら絶対に殺される。
訳のわからない世界で、殺されて俺の人生終わるのかよ。
靴も履いていない足で、痛みに耐えながら走ったが
運の悪いことに足をくじいてしまい、その場で転んでしまった。
「いって~...」
そして追いついてきた狼たちに、周りを囲まれてしまった。
グルルルと、狼たちは唸って今にも襲ってきそうな勢いで迫ってくる。
そして、俺に向かって一匹が襲い掛かってきた。
その時、俺の首に掛けていた指輪が白い光を照らし俺を包み込んだ。
眩しいぐらいのその光に、俺は目を瞑り身構える。
そしてあたりから、泣き叫ぶような動物の鳴き声が聞こえた後
その場から立ち去るような足音が聞こえた。
ゆっくりとその目を開けると、そこにあった光景は
二、三匹倒れている狼が目に映り
そして銀髪の長髪に瑠璃色の瞳をした、少女が立っていた。
「君は....一体誰なんだい?」
と声をかけてみると
「私は、マスターの守護者です」
「えっ? ...守護者? マスター? ちょっと待ってくれ。どういうことだ。君が、何を言ってるのか全く分からないんだが。」
「マスターはあなたですよ。佐久野裕馬さん、そして私はあなたを守るために守護者として作られた...」
神器アーティファクトなのです。」

そう、これが俺とこの少女との出会いだった。


「深淵の罪人と守り人の指輪」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く