やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

身勝手のはなし

殺される直前、「生きたいな」と呟いたら、彼は泣き出した。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く