やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

復讐のはなし

この炎は消えない。わかってる。私憤だと。それでもあなたの笑顔を見る度に、自分の正しさが悲しくなるから、正当性をください。怒ってもいいと旗をください。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く