やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

当たり前のはなし

知らないでくれ、このありふれた幸福がとても悲しいこと。


当たり前のように思ってくれ。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く