やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

好きのはなし

純粋では無い、何処にも無い、正しさは無い、定義は無い、感情は無い、しかしそれら全て否定出来る。そういうモノ。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く