やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

雨天のはなし

雨の檻は未だ解けない。
雲の天井は私を圧迫したまま。
煩く広く私を縛る。だから、傘の鍵を持って、開けて、開けて、何度と開けて、逃げてしまおう。
待ってるのは性に合わないから、引く手を期待するには虚しいから。そして、いつか君の元へさしに行こう。
傘を?鍵を?どっちでもいいだろう!

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く