やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

四月雨のはなし

五月雨という言葉があるが、四月雨という言葉があってもなんら不思議なことではないと思う。四月に降るじゃないか。白く、黄色く、赤く、桃色の、雨が、私達の頭上に。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く