やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

朝露のはなし

#君・涙・花を使って文を作ろうそれがお前の求めているシリアスだ 
花と名付ければ相応しい人だった。
涙と名付けても相応しい人だった。
草の朝露のような淡く、美しい手で僕の涙を拭った。
君が僕の名前を呼ぶ、僕が君の名前を呼ぶ。
互いに嘘つきの名前だ。
それでも生まれた愛は透明だった。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く