やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

ゴミ箱のはなし

私達の関係はゴミ箱のティッシュみたいなもの。くしゃくしゃにして捨てて二度と拾い上げることの無い汚れた気持ちを、それでも捨てきれずに溜めて、やがて溢れ落ちた時に、君が輪郭の片鱗に触れる。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く