やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

双子

死は形をもっていた。
影となってついてきた。
溶け込んでいるようで常にいる。
合わさって離れて一緒に暮らして。
それでやがてあの子が死んだら、傍に寄り添い喰い共に消える。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く