やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

コーヒーのはなし

ココアがなかったから、インスタントのコーヒーで代用した。ミルクと砂糖を入れても苦かった。甘さを求めていたのにこれは無い。しかも冷めてしまった。ああ最悪。ふと、揺れる水面に彼の顔を見た。
この苦さと冷たさに、何を映しているの?

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く