やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

音のはなし

君が愛をもって放つ言葉を、優しさで固めた嘘と知った時、ズキンと僕の中から音がするのを、君は聴こえているだろうか。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く