やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

思考のはなし

口から吐き零れないように愛を手で押さえつけて、澄み渡った空を睨んで何を思おうか。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く