やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

夜のワルツ

先程まで揺らめき覆っていた雲のカーテンは開かれ、舞台は黒に染まった。
遮るものは何も無く、一線のスポットライトを浴びて月は輝く。
星すらもなりを潜める独り舞台。
きれいだなぁ。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く