やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

電車のはなし

窓を開けて蜜柑を降らせた窓も今は開けられず、相対して物語を紡ぐことも無く、風景に目を向け思いを馳せることも無く、つまらなくなってしまったなぁ。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く