やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

悲観のはなし

溶ける心が"寂しい"というものだと気づいたのはいつでしょうか。
もう遅いものだったのです。
ストレスに埋もれて気づかなかったのです。形を忘れてしまったのです。
戻すことは出来ません。やがて零れ落ちていって跡形すら無くなって、
やがてそこにあったことすら曖昧になるのでしょう。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く