やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

殺人鬼のはなし

彼は殺人鬼だ。
少なくとも、自分の心を殺すのには手慣れてしまった。

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く