やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

霞んでしまう

愛されなかったらどんな人生を
恋人ではない私はもはや何者か
通せんぼばかりで前は霞きって
好みでもない声と顔を思い出す

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く