やがて枯れる花たちへ

こむぎ子

精巧な

あなたはぎゅっと力強く私を抱きしめた。
とても嬉しかった。
でもね、知ってるのよ。
あなたが私に求めているのは、私の双子の姉の存在。病気で亡くなった私のお姉ちゃん。

あなたのことが好きなのは私なのに
あなたが好きになったのは姉なのね

ねぇ、あなたが抱きしめているのは誰?

「やがて枯れる花たちへ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く