話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

禁断の愛情 怨念の神

魔法少女どま子

再。怨神様

「チヨコ、ミノル!」
 声が聞こえる。
 だが返事をする体力はなかった。欲の化身との《戦い》の果てに、限界まで力を使ってしまったらしい。隣のミノルもそれは同じのようで、全身を大の字にひろげてゼエゼエ言っている。私も同じ格好だった。

「見つけたぞ、ここだ!」
 男の声とともに、大勢の足音が聞こえる。ほどなくして、カクゾウの四角い顔が私の視界に映った。心なしか、ほっとしたような顔をしている。
「やはりか……おまえたちが、奴を止めたのだな」
 奴とは欲の化身のことだろう。私は弱々しく頷いた。
「急に蜘蛛どもが人の姿に戻ってな。もしやと思ったが案の定だったな」
 そうか。欲の化身がいなくなったことで、その怨念の力も消え去ったのだろう。

「チヨコ……。ミノル」
 聞き覚えのある声が聞こえた。
 反応する間もなく、長老が動けない私に抱きついてきた。
「よくやった、よくやった……。おぬしたちは英雄じゃ!」
「ち、長老……」
「おい爺さん。疲れているようだ。あまり揺すってやるな」
「お、おおすまんの……」

 頭をかいて私から離れる長老。彼はミノルにも激励の言葉を贈ると、カクゾウへ目を向けた。
「しかしな。わしはおまえを見直したぞ」
「……なんのことだ」
「素晴らしい優しさと洞察力よ。おまえのような奴が賊の長とは、少々驚いたわ」
「なにが言いたい?」
「今回、わしたちはおまえにずいぶんと助けられた」
 と言うと、長老はにやりと笑った。
「どうじゃ。おまえたち一同、わしの村で住んでみないか?」
「な……」
 カクゾウが仰天の表情を浮かべた。

 これには私もびっくりだった。親の仇と共同生活だなんて、考えたこともない。
「もちろん賊のこれまでの行いをすべて水に流すとは言えん。じゃが、それと同じくらい今回は助けられた」
「馬鹿を言うな。我々は賊だ。誰の力も借りん」
「ほほう? 知っておるぞ。わしらを匿ったがために、蓄えた食糧も尽きてもうたんじゃろ? それでもやっていけるのか」
「貴様らには関係ない」
 と言ってぷいと背を向けるカクゾウだが。

「えーお頭、そりゃないっすよー」
「メシないんじゃどうやって生きてくんすかぁー」
 賊の戦闘員たちが次々と不満の声をあげる。今回の戦いで彼らも体力を使いきったのだろう。その対価に食事にすらありつけないとなると、さすがに同情する。
「ほれどうじゃ。おまえの部下もああ言うとる」
「ぐ……」
 歯ぎしりをするカクゾウ。

 がっはっは、と別の村の長が笑い声をあげた。
「よいではないか。もともとわしらが憎み合いさえしなければ、こんなことにもならんかった。どこかの村に落ち着いたほうが人類のためだと思うがな」
 ふん、とカクゾウが不機嫌そうに鼻を鳴らす。
「すこしの間だけだ。食糧を蓄え次第、即刻出ていかせてもらう」
「はっは、まあそこらへんは好きにするがよいさ」

 瞬間。
 私は見た気がした。
 上空から、私たち人間を優しく見守っている怨神を。
 そう。
 かつて敵だった相手とも、私たちはこうしてわかりあえる。完璧に憎しみをなくすのは無理だとしても、人間も、動物も、ともに生きる道はあるはずだ。

 ありがとう、怨神様。私たちを、ここまで見守ってくれて。

 ふいに、隣に横たわるミノルが手を握ってきた。優しく握り返すと、ほのかな人の温かみが伝わってきた。




              ~FIN~

「禁断の愛情 怨念の神」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く