話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

禁断の愛情 怨念の神

魔法少女どま子

三人の力

 胸が熱い。
 呼吸ができない。
 目を開けると、地獄の業火が周囲を飲み込んでいた。
 私は灼熱の炎に囲まれていた。
 胸が熱い。呼吸ができない。
 されど逃げ出すことはできない。私の足は巨大な釘に打ち込まれていた。動こうとすると全身に激痛が走る。鈍い血が溢れ出る。
 動こうが動くまいが、どちらも果ては地獄。
 死ぬしかない。

「……ら」
 どこからともなく声が聞こえる。
「こら!!」
 ぼんやりと呼ばれた方向を振り向く。
 その声の主を見て、私は目を見開いた。
「ショウイチ……」
「なーにがショウイチ……だよ。こんなとこで何してんだ」
「あなた、生きていたの……」
 言ってから、私は自分の発言の愚かしさに気づいた。

 目の前にいるショウイチは、これまで私が接していた彼ではなかった。真っ黒だった髪は白に染め上げられ、唇にも色がない。よく見ると、彼の腰から下が消えていた。
「そっか……」
 私は力なく顔を落とした。
「あなたは……死んだのね。ショウイチ」
「ああ、あんなに蜘蛛がいちゃさすがにな。足を喰われてお陀仏さ」
 言葉の内容とは裏腹に、ショウイチの表情は穏やかだった。空気を読まずに軽口を叩くような、いつもの彼だ。

「なあ、チヨコ……なんでおまえがここにいるんだよ?」
「え……?」
「ここは欲にとりつかれた化けモンどもの世界だ。ほれ、まわりを見てみろよ」
 言われて周囲を見渡す。炎の渦の向こう側で、人々が飽くなき戦争を繰り広げていた。
 互いが互いを殺しあっている。おぞましいことに、一度死んだと思えばまた立ち上がっていた。顔面が潰れても、胸が貫通しても、それでも戦争を繰り返す。

「あの光線を喰らってから、俺はもうここの住人になっちまったようだ。情けねえよな。俺、絶対おまえを守るって約束したのによ」
「そんな……」
 ショウイチはたくましかった。私とミノルを守ってくれた。彼がいなければ、私たちはいまごろ巨大蜘蛛になっていた。
「けど、おまえは違う。この地獄に来てもまだ抵抗してる。その釘とまわりの炎で自分を守ってる。本当にすげえ奴だよ、おめえは……」
「私は、私は、そんなにすごい人間じゃないよ……」

 みんながいたからこそ、ここまで生き延びられた。
 私ひとりの力なんて、ちっぽけで、たいしたことない。
 でも。
 だからって逃げるわけにはいかない。決めたはずだ。故郷を、人々を、世界を救ってみせると。
 途端、私の片手が急に急に輝き始めた。三つの小さな勾玉の石が徐々に光の強度を増していく。

 「お」
 とショウイチがにこやかな笑みを浮かべた。
「さすがじゃねえか。もう自力で脱出しようとしてる」
 胸の苦しみが薄れていく。徐々に呼吸が楽になっていく。
 と。
「ガガガ……」
 低い男の声が響き渡り、思わずぎょっとする。
 あろうことか、無数の人間が、炎の渦を無理やり通過してきている。矢が何本か私の顔をかすめていく。奴らの怨念の影響か、手のなかの光が少しずつ弱まっていく。

「はあ、やれやれ……無粋な連中だな」
 ショウイチは面倒くさそうに頭をボリボリとかいた。それからさすがの超速度で敵との距離を詰め、強烈なまわし蹴りを放つ。男たちは鈍い悲鳴をあげて吹っ飛んでいった。
「さあ、立ち上がれチヨコ! おまえはここにいちゃいけねえ!」

 敵が離れたおかげか、石の光度が増強していく。怨神の神聖な力が、ふわふわと私を包み込む。
 私は直感的にショウイチへ向けて叫んだ。
「でもショウイチ、あなたは……!」
「ありがとよ! おまえといられて楽しかったぜ!」
 横顔だけをこちらに向け、親指を立てるショウイチ。
「なに言ってんの! お世話になったのは私のほう! 本当にありが――」
 その言葉が、最後まで届いたのかはわからない。
 気づけば、蒼の光が視界を覆い尽くし、なにも見えなくなっていた。


           ★


 いつしか現実の世界に戻ってきていたらしい。隣には片手で私を抱き締めるミノル。そして真正面には、私たちを取って食わんとするばかりに大きく口を開けた欲の化身。
 私とミノルの持つ勾玉の石により、欲の化身はこれ以上私たちに近づけないようだ。まさに神力の力比べである。石の青いきらめきが厚い壁となって、私たちを守ってくれている。

「泣いている……の?」
 隣のミノルが訊ねてきた。辛そうに片目を閉じている。
「……うん」
 と私は頷いた。
 視界が大きく歪んでいた。涙が溢れて溢れて止まらない。
「ショウイチがね……助けてくれたの」
 一瞬ミノルはきょとんとしたが、すべてを理解したように小さく頷いた。
「チヨコ……危なかったんだ。巨大蜘蛛になりかけてた。それを……助けてくれたんだね」
「うん……でも安心して。もう負けないから」
「へ……?」

 私は勾玉の石をすべて地面に落とした。私たちを守っていた神の障壁が、一気に薄れていく。
「チ、チヨコ。なにを……?」
 私の行動があまりにも予想外だったのだろう、ミノルが動揺したように言った。
「ググ……ギャア!」
 障壁がなくなったことで、欲の化身は好機とばかりに飛び付いてきた。
 私はそんな《彼》を、そのまま受け止めた。どす黒い霊気を放つ欲の化身を、ぎゅっと抱き締める。

「ガ……ガガガ?」
 ぴたりと欲の化身が動きを止める。
「怖かったね、辛かったね……。でも大丈夫、あなたの苦しみは私が受け止める」

 憎しみにとらわれていたとき、私はひとりだった。
 誰もいなかった。
 それをショウイチが救ってくれた。
 彼だけじゃない。弱い自分を受け入れてくれる人がいた。
 それだけで私は幸せだった。
 憎しみを、憎しみで返していては世話がない。それでは同じことの繰り返しだ。
 最初から、私たちに敵なんていない。

「ごめんね……私、あなたの苦しみに気づけなかった。大変だったよね……たったひとりで」

 その瞬間。
 欲の化身は一粒の涙を落とした――ような気がした。
 気づけば、その黒い物体は消えていた。

   

「禁断の愛情 怨念の神」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く