話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

禁断の愛情 怨念の神

魔法少女どま子

そして繰り返される死

 私は言葉を失った。
 死にかけている。あの怨神が。全身から紫の体液を垂らし、震える八本の足でなんとか自身を支えている。銃かなにかで一斉射撃を浴びたのだろう。見れば、五百人のほとんどが、凶悪な視線とともに、銃の先を神へと向けている。
 この人間の数と、おどろおどろしい武器の数。カクゾウは本当に、人類総出で神を撃ちにきた。

「おのれ貴様ら……!」
 ミノルが人びとに対して憎悪のこもった視線を剥ける。
「貴様ら自分のしていることがわかっているのか!? よりによって神殺しなどと……!」

「うるせえ、そこをどけクソガキ!」
 恰幅のいいひとりの男が声を張った。銃の持ち方がぎこちない。初めて戦に参加した村民という出で立ちだ。
「俺はこのクソグモに女房を殺された! 娘もだ! いい奴らだったのによ……そいつだけは許せねえ!!」
「愚かな奴め! その程度、怨神様のこれまでのおこないに比べれば取るに足らん!」
「その程度、だと……?」
 瞬間、男の頭部から見覚えのある黒い煙が発せられた。その煙は吸い寄せられるように怨神の身体へ消えていった。

「ギャアアアア!」
 神の断末魔の悲鳴。八本の足を縦横無尽に振り回し、恨みの煙を払おうともがく。
 なんと皮肉なのだろう。本来欲を抑えるはずの神によって欲が生まれ、人間も神も苦しみもがいている。私たちはもう、取り返しのつかないところまできてしまったのか。

 恰幅のいい男が言った。
「そこをどけ。さもなくばおめえも殺してやっぞ」
 五百の銃口がミノルへ向く。
 やばい……!
 私とショウイチは同時に跳躍した。人垣を飛び越え、ミノルに背を向ける格好で五百人と対峙する。

「おまえたち……なんの真似だ」
 ミノルは振り向くこともなく言った。
「どうもこうもねえ。てめえ一人じゃどうにもなんねえだろ」
「馬鹿を言え。人間ごとき私の敵ではない」
「はいはいわかったよ」
「ちょっと。こんなとこで喧嘩しないでよ」
 私は刀の鞘に手を据え、五百もの銃口に備えた。

 ここまで来たはいいが、この事態をどうすべきか。
 人間側には人間側の言い分がある。決して彼らがすべて悪いわけではない。かといってこのまま神殺しを見過ごすわけにもいかない……

 と。
 ミノルの周囲に紅の霊気が発生した。
 ほのかに美しく、それでいて冷酷に鮮やかな血の色。私は思い出した。かつてミノルが、真紅の怪光線によって人々の命を奪ったのを。
「待って……ミノル、だめ!!」
「なんだと?」
「そんなことしたら、また多くの人が――」

 私の制止は届かなかった。
 ミノルは無慈悲に片手を突き出した。
 私は耳をふさいだ。
 人の肉が焼ける音。人間であることを忘れた壮絶な悲鳴。
 怪光線が過ぎ去った箇所から、すべてが消え去った。生き物も、木々も、生きとし生きるものすべてがいなくやった。

「ひ、ひいいい……」
 ぎりぎりの距離で死の光線から逃れた男が、情けない声とともに声を抜かした。彼だけではない。その場にいた誰もが、ミノルの恐るべき能力に言葉を失っているようだった。

「神を敵にまわすとはこのことだ。残りの者どもも許しはしない。怨神様に歯向かったこと、身をもって悔やむがいい」
「ミノル……やめて、もうやめて!」
「く、くそ! 皆の者、構えい!」

「禁断の愛情 怨念の神」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く